紅而blog

Comments are not accepted. Display only last two years articles.
コメントは受け付けていません。古い記事は随時非公開にしています。
過去の漫画作品は本館サイトに→ http://webmanga.lolipop.jp/kako.html
中日が朝鮮統治でフェイクか
0


    紙版の中日新聞に、日本の朝鮮統治についての記事がありました。
    偶然、下記のブログで件の記事を見つけたので、引用させていただきます。

         +++++

    gooブログはじめました!桜ヶ丘9条の会
    支配される痛み「ちっとも分かってなかった」幻の高畑映画(2018年8月20日中日新聞)
    2018-08-20
    https://blog.goo.ne.jp/hitoshi1940/e/cb6099657356138050174f454b8e0e93

    支配される痛み「ちっとも分かってなかった」 幻の高畑映画 
    2018/8/20 中日新聞
     アニメ映画監督で4月に亡くなった高畑勲さんが30年近く前、映画化の着想を得た児童文学作品「国境」(理論社)。著者のしかたしん(本名・四方晨)さんは青年期を朝鮮半島で過ごした。生前の講演などで、植民地支配される側の心の痛みに気付けなかった苦い経験から、執筆に至ったことを明かしていた。

     講演の記録などによると、しかたさんの父親の博さんは経済学者で、旧京城帝国大の教授だった。植民地支配されている朝鮮人に同情的だったという。しかたさんも現在のソウルで生まれ、父の影響もあり、朝鮮人の境遇を理解しているつもりだった。同大予科の学生時代に終戦を迎え、朝鮮の解放を喜ぶデモに遭遇したことがあった。思わず日本人であることを忘れ、街頭でともに万歳を叫んだという。

     その時、朝鮮人学生に「ここは、おまえのいる場所じゃない」とにらまれたことに、強い衝撃を受けた。「日本人が侵略者の立場で朝鮮にいる時に、いくら朝鮮人のことが分かったからといって、ちっとも分かってはいなかった」と述懐していた。

     名古屋市千種区に住む妹の栗本伸子さん(85)も、小学五年の時に苦い経験をした。勉強ができる朝鮮人の級友に、悪気のないまま「日本人みたいね」と語りかけると、むっとして立ち去られた記憶が今も心に刺さっている。「気付かない差別の意識があった。兄は『国境』で、そうした歴史に向き合おうとした」と語る。

     企画に携わったスタジオジブリ(東京都)の鈴木敏夫プロデューサーによると、高畑さんも幻の映画で、そうした支配する側と、される側の関係を描こうとしていた。終戦前にソウルに住んでいた高畑さんの親戚の男性から、公共交通機関の座席が日本人と朝鮮人で区別されていたことや、終戦を境に、朝鮮人の態度が一変したことなどを熱心に聞き取っていたという。

     戦後七十三年を経て、インターネットには民族差別的な書き込みは絶えず、ヘイトスピーチの街頭活動も繰り広げられている。そんな状況に、栗本さんは「未来志向で日韓や日朝などアジアとの関係を考えていくためにも、『国境』が読まれ続けていってほしい」と願っている。
     (林啓太)


         +++++

    昔は、朝日新聞のおかげで、「悪い日本が無垢で善良な朝鮮を虐げていた」説を疑いませんでした。
    だから、上の中日新聞の記事のような「日本の敗戦によって独立の宿願を果たした朝鮮人の歓喜」についても素直に信じていました。

    しかし……。
    単に彼らは、その時々の状況によって態度を変えているだけでないのですか?

    別に非難しているわけではありませんよ。
    あの地政学上の位置からすれば、朝鮮半島の方々がその時々で敏感に風向きを読んで立身出世や生き残りを企図したとしても当然なのです。
    (彼らの清々しいほどに思い切った態度の切り替えは、自国の大統領に対する仕打ちを見れば分かります)

    ただ、それを、ナイーブに、「日本=悪、朝鮮=善」の道徳的方程式に当てはめるのはいかがなものかと思いますよ。
    ま、そういうことしかできない新聞記者に何を言っても無駄でしょうけど。

     

         +++++

     

    同大予科の学生時代に終戦を迎え、朝鮮の解放を喜ぶデモに遭遇したことがあった。思わず日本人であることを忘れ、街頭でともに万歳を叫んだという。
     その時、朝鮮人学生に「ここは、おまえのいる場所じゃない」とにらまれたことに、強い衝撃を受けた

     

    前後の状況が欠けているから推測せざるを得ないのですが、おそらくは知り合いの朝鮮人学生だったのでしょう。

    だとしたら、これは、友人に対する親切な警告とも解釈できますよね。

    敗戦で立場が変わったにも関わらず、日本人学生がノコノコと解放万歳デモに混じっていたら、危険なことこの上ない。だから『ここは、おまえのいる場所じゃない』と注意を促したのかもしれません。

     

    終戦を境に、朝鮮人の態度が一変した』のは左翼メディアも認める真実なのですから。


         +++++

    当時の朝鮮人が心底、日本人になったと思い込んでいたなら、『日本人みたいね』という言葉は残酷ですよね。

         +++++

    公共交通機関の座席が日本人と朝鮮人で区別されていた

    本当ですかねェ?
    不特定多数が乗り降りする電車やバスで、誰がどうやって朝鮮人と日本人とを判別したのでしょうか?
    朝鮮半島では圧倒的少数であった日本人が、こんな差別丸出しの施策をやってしまったら、権利意識の強い朝鮮半島の方々は黙っていないでしょう。

    そもそも……、妹の栗本伸子さんは朝鮮人と同じ小学校に通っていたのでしょ? (当時、朝鮮人も日本人も同じ学校で勉強していたということは一種の常識です)
    公共交通機関をわざわざ別々に分けるほどの差別的施策が実施されていたのなら、学校からも朝鮮人を排除するでしょうが。

    中日新聞のレベルを考えてみると、フェイクを疑わざるを得ません。

         +++++

    1910年の日韓併合は両国が条約を締結することによって成立しました。
    これによって、朝鮮人は法的に日本人になりました。
    このあたりの知識がないと、その後の日韓関係が分からなくなります。

    要するに、「法的に日本人になったと言っても、言語も文化も違う異民族なのだから同じ扱いはできない」という現実論と、「法的に日本人になったのだから、同等に扱うべきだ」という理想論が併存せざるを得なかったのです。
    その後、1945年の日本の敗戦まで、この対立する二つの思想がせめぎ合い、時に一方が優勢になり、時に一方が劣勢になり、これを40年近く続けたのが日韓併合の現実なのです。

    | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:41 | - | trackbacks(0) |
    戦争に負けると悲惨な目に
    0


      何を今さら、という記事を朝日新聞がたいそうな見出しをつけて、掲載しました。

           +++++

      朝日新聞デジタル
      開拓団の「性接待」告白 「なかったことにできない」
      里見稔、編集委員・伊藤智章
      2018年8月15日20時27分
      『岐阜県の旧黒川村(現・白川町)から戦時中に旧満州(中国東北部)へ入植した開拓団の女性たちが、敗戦直後に団幹部の指示で旧ソ連兵に「性接待」をさせられたと告白し、衝撃を与えている。長く伏せられてきたが、「なかったことにできない」と公の場で語るようになった。(里見稔、編集委員・伊藤智章)

       「『(夫が)兵隊に行かれた奥さんたちには、頼めん。あんたら娘が犠牲になってくれ』と言われた」

       今月10日、岐阜市民会館であった証言集会。元黒川開拓団員で、終戦当時20歳だった佐藤ハルエさん(93)=岐阜県郡上市=が話し始めると、空気はピンと張り詰めた。

       「白川町誌」などによると、黒川開拓団は1941年以降、600余人が吉林省陶頼昭に入植した。敗戦後、旧日本軍に置き去りにされ、現地住民らによる暴行や略奪を受け、隣の開拓団は集団自決した。

       当事者の証言によると、黒川開拓団は幹部が近くの旧ソ連軍部隊に治安維持を依頼。17〜21歳の未婚女性15人前後を「接待」に出した。45年9月から11月ごろまで続いた。一時期、中国兵の相手もさせた。

       都内在住の女性(90)は当時17歳。初めは飲酒の接待と思っていたという。ふとんが多数敷かれた仕切りもない部屋で、他の女性たちと共に暴行された。

       逃げようとしたこともあったが、相手にスコップの柄で打たれた。当時のメモを書き写したノートには、「乙女ささげて数百の命守る」「女塾で学んだ大和魂 音をたてて崩れ落(おち)る」などとある。自分たちを差し出した大人が許せず、帰国後、旧黒川村には2回しか行っていない。

       当時21歳だった安江善子さん…

      有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
      残り:517文字/全文:1186文字』

           +++++

      「なかったことに」していたのはアナタがた左翼メディアでしょ。

      さらに言えば、敗戦直後に朝鮮半島から引き揚げる際に日本人同胞がどんな目に遭ったか。
      ついでに言えば、占領後の米軍も結構ひどいことをしてくれました。

      これらを「なかったことに」しているのは左翼メディアです。

       

           +++++

       

      季節がら、NHKも戦争ものを報道しています。

      が、多くは日本人が加害者か、抽象的な戦争に民衆がさいなまれたという内容です。

      敗戦国民である日本人が、戦勝国と彼らの威を借りた連中にどれほど苦しめられたかという視点は一切存在しません。
       

      | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:50 | - | trackbacks(0) |
      台湾の慰安婦像と朝日
      0


        まいどまいどの朝日の慰安婦記事です。

             +++++

        朝日新聞デジタル
        台湾に初の慰安婦像 前総統「正式な賠償と謝罪」訴える
        台南=西本秀
        2018年8月14日19時42分
        『旧日本軍の慰安婦だった韓国人女性が1991年に初めて実名で体験を公表した日にあたる14日、台湾南部の台南市に台湾で初めての慰安婦像が設置された。野党国民党の前総統の馬英九(マーインチウ)氏が除幕式に参列し、日本政府に対し、「正式な賠償と謝罪」を訴えた。

         台南市の繁華街に設置された像は、高さ約160センチの少女像。両手を上げて抵抗する姿をかたどっている。国民党の支援を受けて今春結成された団体「台南市慰安婦人権平等促進協会」が、寄付を呼びかけた。中国語と日本語、英語、ハングルで「慰安婦の悲惨な歴史を忘れず、彼女たちに尊敬と支持の意を示す」などと記した解説板を掲げている。

         国民党の地元支部が土地を提供した。式典には、今秋の統一地方選挙で台南市長選に立候補する国民党の候補予定者も参列した。馬氏は式典で、現在の与党民進党政権は、慰安婦問題など日本統治時代の歴史の検証に消極的だと批判。選挙を意識して有権者にアピールする狙いもあるとみられる。

         第2次大戦中、日本の植民地統治下にあった台湾の女性たちも慰安婦として動員された。台湾の人権団体が20年以上前に行った調査で、当時58人の生存者が確認された。高齢化が進んだ結果、現在は2人のみとなっている。

         台北市内でも14日、元慰安婦を支援してきた女性人権団体などが、日本の大使館に相当する日本台湾交流協会の台北事務所を訪れ、謝罪や賠償を求める抗議文書を提出した。(台南=西本秀)』

             +++++

        『旧日本軍の慰安婦だった韓国人女性が1991年に初めて実名で体験を公表した日にあたる14日』
        ……金学順のことですね、おそらく。
        検索されないように名前を伏せるというのが最近の新聞・テレビのテクニックです。

        そもそも、この人、義父に売られて慰安婦になった人です。すなわち朝鮮人が自分の娘を朝鮮人の売春業者に売ったわけです。
        こういう真実を書いていただきたいものです。

             +++++

        『第2次大戦中、日本の植民地統治下にあった台湾の女性たちも慰安婦として動員された』

        誰によって動員されたのか書いてありません。

        当時の慰安婦は、朝鮮人慰安婦は朝鮮人業者の下で、日本人慰安婦は日本人の下で、中国人慰安婦は中国人の下で働いていたそうです。言葉や習慣の問題がありますから当たり前ですよね。

        ということは、普通に考えれば記事中の女性は台湾人によって動員された可能性が高いでしょう。

             +++++

        『台湾の人権団体が20年以上前に行った調査で、当時58人の生存者が確認された』

        このなかで、日本の官憲によって強制連行させられたと証言している人はいったい何人いたのでしょう?
        その証言を検証して真実が証明された人はどれだけ存在するのでしょう?

             +++++

        1945年に日本はポツダム宣言を受諾しました。つまりは敗戦。
        結果、日本は台湾と韓国から去りました。
        戦時中に日本が国家権力を背景に慰安婦を強制連行したのなら、なぜ、敗戦直後に、それが問題にされなかったのでしょう?

        答えは簡単です。
        「日本軍による慰安婦の強制連行」が捏造されたのは1980年代だからです。

        なかでも、吉田清治の『私の戦争犯罪――朝鮮人強制連行』が与えた影響は甚大でした。なにしろ加害者の側の日本人が挑戦女性狩りを告白したのですから。しかし、彼の告白は済州島の女性記者によって根拠がないものだと分かりました。後に吉田自身もウソであることを認めました。

        しょせん、そんなものなのです、慰安婦問題というのは。
        そもそも、日本の官憲がほしいままに市場や工場で女性を連行したというなら、目撃者が多数存在するはずです。彼女たちの親兄弟、親戚、友人知人は莫大な数になるはずです。
        誰か、「強制連行の現場を目撃しました」「私の娘が(あるいは親戚が、あるいは友人が)強制連行されました」なんて証言した人がいるのですか?

        慰安婦問題を時系列で見ると、普通の感覚の持ち主ならおかしいと思うはずです。が、学者やジャーナリストは違ったのです。(もちろん全員じゃありませんけど)
        彼らは一種のAIみたいなもので、人間の常識が通じないのですね。
         

        | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:20 | - | trackbacks(0) |
        靖国と韓国とトンデモ対日戦争
        0


          8月15日の夜7時のNHKニュース。
          たまたま点けたら、「靖国神社参拝についての中国と韓国の反応」みたいな内容でした。

          中国はさておいて、韓国は我が国と戦争していませんけど。
          むしろ、同じ日本人として共に戦ったというのが歴史上の真実です。

               +++++

          1910年の日韓併合条約によって韓国人は法的に日本人になりました。

          1938年には彼らは志願兵として日本軍に加わることを許されました。これを強制だと言う人たちは、多くの志願者がふるい落とされたことをどう説明するのでしょうか?

          1944年、すなわち敗戦間際にようやく朝鮮半島でも徴兵制が実施されました。

          1945年に日本はポツダム宣言を受諾しました。
          もし日本が戦争に負けていなければ、朝鮮半島での国政参政権は拡大されることになっていました。

          すなわち日韓併合、左翼の言う植民地支配とは、大日本帝国の中での朝鮮人による権利獲得の時代だったのです。
          こういうことが分かっていない、……というより分かろうとしない人間が学界やジャーナリズムの主流です。

               +++++

          youtubeを漁っていると、反日でもない普通の韓国人の若者が「韓国と日本が戦争をした」ことを前提にして日韓関係を語っている動画があります。
          (一説によると、韓国では朝鮮戦争というのは日本と戦った戦争だと教えているそうです。「同じ民族である北朝鮮と戦争するなんてあり得ない」というわけです)

          もう一度、繰り返します。
          韓国は我が国と戦争していませんから。むしろ、同じ日本人として共に戦ったというのが歴史上の真実です。
           

          | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:20 | - | trackbacks(0) |
          原爆と韓国人と中日新聞
          0


            実家が中日新聞を購読しています。
            品質は朝日よりも落ちますが、左翼度数は朝日よりも上です。

                 +++++

            中日新聞 社説 2018年8月6日
            「韓国のヒロシマ」から 原爆忌に考える
            『(前略)
             韓国人被爆者の六割が、陜川出身だったと言われています。現在韓国国内には、約二千五百人の被爆者が住んでおり、うち約六百人が陜川で暮らしています。

             日本の植民地支配下で、陜川から釜山、釜山から長崎や下関に至る陸路と海路が整備され、徴用や徴兵だけでなく、同郷のつてを頼って多くの人が、職を求めて家族とともに、長崎の造船所や広島の軍需工場などに渡ったからでもありました。
            (中略)
             戦後、やっとの思いでふるさとへ帰りついたのに、周りから「自業自得」と非難を受けた人たちも、少なからずいたそうです。固く口を閉ざすのも、無理からぬことでしょう。

             日本で生まれ育った被爆者には「悲しいくらい日本語が上手」と言われても、ハングルが書けない人がいます。難しい調査です。
            (後略)』

                 +++++

            『徴用や徴兵』ってアナタ、どちらも朝鮮半島で実行されたのは敗戦間際の1944年ですけど。
            要するに、日本に来た朝鮮人の多くは職を求めて海を渡ったのです。
            だから、『戦後、やっとの思いでふるさとへ帰りついたのに、周りから「自業自得」と非難を受けた』のも、気の毒ではありますがそれなりに理由があることなのです。


            それと、『日本の植民地支配下』と言ってますが、1910年の条約締結による日韓併合によって朝鮮人は法的に日本人になったのです。

            だから戦時中に、朝鮮半島の人々が、本土の日本人と同様の義務(徴用・徴兵)を課されるのは、理屈の上では当然です。
            これは左翼マスコミが絶対に書かない事実です。

             

                 +++++

            1910 日韓併合

            1938 朝鮮半島で志願兵制度を導入

            1944/09 徴用令が朝鮮で施行
            1944/10 徴兵制が朝鮮で実施
            1945 ポツダム宣言受諾(敗戦)


                 +++++

            言葉が通じるでもなく、歴史・文化が同じでもなく、仲がいいわけでもなく、交流があるわけでもない二つの国が、条約一つで合邦してしまった。これは、壮大すぎるほど壮大な社会実験でした。
            ご先祖さまは大変なことをしてくれました。

                 +++++

            ……と、ここまで書いたところで朝日にこんな記事が。

            朝日新聞デジタル
            在韓被爆者の実態把握に着手 韓国政府が初の調査
            ソウル=武田肇
            2018年8月6日23時17分
            『韓国政府が今夏から、国内の韓国人被爆者を対象に実態調査を始めた。調査を主管する保健福祉省が明らかにした。韓国には日本統治時代に労働動員や生活の糧を求めて広島や長崎にいて被爆し、朝鮮半島に戻った人が約2300人生存しているが、韓国政府が調査に乗り出すのは初めて。(後略)』

            徴兵なんてことは書いてありません。
            やはり、記者の質は今のところ朝日のほうが中日なんかよりは高いのでしょう。

            | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:26 | - | trackbacks(0) |
            ヘイトスピーチとNHKが死んだ日
            0


              7月21日の朝7時からのNHKニュースでヘイトスピーチを特集していました。

              2018年7月21日 NHK「おはよう日本」でヘイトスピーチに関する報道
              https://www.youtube.com/watch?v=ZWtBDIWQuYw


              ヘイトスピーチの定義をはっきりさせないまま、刑法の脅迫罪に該当する言論やら韓国人に対する嫌悪表現やらを、ごちゃまぜに扱っていました。
              そして「悪い人たちがヘイトスピーチという悪いことをやっている」的な雰囲気をたくみに作り出していました。

              その文脈で、川崎で6月に起きた騒動を取り上げていました。
              これは右派政治団体が川崎市教育文化会館内で「反ヘイト条例は是か非か」という題目の討論会を開く予定だったのが、反対派団体の過激な妨害によって中止を余儀なくされた事件です。
              この討論会を主催した男性が過去にヘイトスピーチを繰り返していたことから反対派団体が集結したのです。が、討論会のテーマは「反ヘイト条例は是か非か」です。ヘイトスピーチのための集会ではないのですね。
              かりに主催男性が約束を破ってヘイトスピーチをしたとしても会館内での限定された参加者に対するものなので、それほどの害悪はないと思うのですが。

              どちらかというと、反対派団体側の威力業務妨害、あるいは暴行罪が問われる騒動でありました。

                   +++++

              ところが、NHKのニュースでは、この討論会の題目、「反ヘイト条例は是か非か」を完全に隠していました。

              これを隠してしまうと、「ヘイトスピーチを繰り返してきた悪人が、またまた川崎市でよからぬことを企んだ」ようにしか見えないのですね。
              すなわち、完全な印象操作。

                   +++++

              そのうえ、NHKは左翼弁護士にインタビューして、「罰則つきのヘイトスピーチ規制法を作れ」的な発言を放送しました。

              でも、ヘイトスピーチと、ギリギリに領域を接した政治的主張とを、誰がどうやって判断するのでしょうか?
              それと、必ずしも具体的個人に向けられたわけでもない主張・発言をそこまで徹底的に禁止・弾圧する必要性はあるのでしょうか?

              番組自体は「罰則ありのヘイトスピーチ規制法を作るべし」とまでは言っていませんが、視聴者をそちらの方向に誘導する気満々の作りではありました。

              言論機関が言論規制法を推進する。これは朝日新聞がやったことでありましたが、ついにNHKも後に続きました。(これまでもやっていたのかもしれませんが)

              この日、この瞬間に、言論機関としてのNHKは完全に死にました。

                   +++++

              今回のNHKの報道で明らかになったことがあります。
              言論規制法は「禁忌である言論を発表する悪い心、悪い人間の存在そのものを敵視・排除」する方向に働くということです。

              ヘイトスピーチ規制法は理念法でありますが、早急に廃止すべきです。

              右に対するものであれ、左に対するものであれ、言論規制法は弊害が大きいです。

              | 紅而遊戯 | メディア批評 | 11:16 | - | trackbacks(0) |
              NHKと難民とクルド人と兵役
              0


                7月4日放送のNHK「ハートネットTV」。お題は「外国人とニッポン 故郷を追われて 難民はいま」。

                急増する難民申請者 収容所の長期拘束問題も
                記事公開日:2018年07月13日
                https://www.nhk.or.jp/heart-net/article/76/


                内容は左翼お決まりの「日本は難民の受け入れ数が少ない」「就労目的の外国人受け入れの何が悪い」といったものでした。

                     +++++

                この番組に登場していたのが、トルコから来たクルド人一家でした。
                2007年に夫婦と5人の子供がともに日本にきました。
                なんでも、クルド人ということでトルコ政府から迫害され、日本に救いを求めて来たということです。
                で、彼らは10年以上難民申請を繰り返しているそうです。

                要するに日本政府からは難民として認められていないのです。

                     +++++

                トルコの事情はよく知らないのですが、本当に難民とならざるを得ないほどの迫害がクルド人に加えられているのでしょうか?
                誰だったか忘れたのですが、あるジャーナリストが、「トルコに行ったら、普通にクルド人とかが経営している店とかもあるしー」なんてことを言っていました。

                余談ですが、ドイツにお手軽に「亡命」してしまった辛淑玉。彼女なんか、アチラの人から見たら、やはり、「日本で、少数民族として迫害された被害者」と受け取られていることでしょう。ドイツ人が日本の事情や辛淑玉がどんな活動をしているかなんか、知っているはずありませんから。

                     +++++

                話を元に戻しましょう。

                くだんのクルド人家族。四男のウェラットが許可無く県外に出たかどで、入国管理局の施設に収容されました。

                で、彼の処遇を嘆く、母親のヌリエ・バリバイいわく。
                日本はとても安全で 拷問も兵役義務もない国だと聞いていました
                 だから私は子どもたちを連れてきたのです
                 でも迫害はここでも続いていると思っています


                うーん……。
                「拷問」については分かります。彼らの言い分は「トルコ政府の迫害を逃れてきた」ということでしたから。
                しかし、「兵役義務」って何? なんで、ここで「兵役義務」なんて言葉が出てくるのですか?

                私は思いました。もしかして、この人たち、兵役逃れのためにトルコから脱出したのでは?と。
                ことに四男のウェラットはまだトルコでの兵役を済ませていないはずです。(来日時に12歳ですから)
                そんなわけで、もしもトルコに送還されることになれば、(おそらく)1年半の兵役が待っています。

                真実はどこにあるのでしょうか?
                 

                | 紅而遊戯 | メディア批評 | 10:30 | - | trackbacks(0) |
                ホンダのアシモでNHKが捏造
                0


                  NHKが「ホンダがアシモの開発をすでに取りやめ、研究開発チームも解散した」旨を報じました。
                  この動画ですね。画面の左下に小さく「NHK」の白文字があります。

                  【日本ニュース】ホンダ アシモの開発をとりやめ 研究開発チームも解散
                  https://www.youtube.com/watch?v=E4KmZRR2tcQ


                  しかし、このニュースにフェイクの疑いが……。

                  正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
                  NHK虚偽報道「アシモ開発やめ研究開発チーム解散」・ホンダ「開発チームは解散してなく続ける」 (06/29)
                  http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7131.html


                  NHKの取材能力のなさを考えると、フェイクの可能性が濃厚です。
                  ちなみに、私が決定的にNHKの無能さを思い知ったのは貧困女子高生問題からです。

                  | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:43 | - | trackbacks(0) |
                  テレビ業界は既にゾンビ業界
                  0


                    この人たちには学習能力がないのでしょうか?

                    テレビのリポーターは、大災害があるたびに、取材と称して、似たような迷惑行為を繰り返します。

                    正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
                    NHKやテロ朝が震災報道テロ!勝手に学校撮影・死亡女児の同級生に「今の気持ちは?どう思う?」 (06/21)
                    http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7122.html


                    なんのかんの言って自分が目立つことしか考えていないのでしょう。
                    テレビ業界内でいかに自分が高く評価されるか。それしかないのでしょう。
                    一種のモンスターです。

                         +++++

                    朝日新聞デジタル
                    芸人連れ去るTBS番組、警視庁が厳重注意 通報相次ぐ
                    2018年6月21日13時59分
                    『東京都渋谷区のJR恵比寿駅前で5月、「男性が連れ去られた」との110番通報が相次いだ。警視庁が捜査員を動員して調べたところ、TBSテレビのバラエティー番組「水曜日のダウンタウン」の収録だったことが判明。同庁は「混乱を招いた」として、番組の責任者を厳重注意した。渋谷署への取材でわかった。

                     署やTBSテレビ広報部によると、5月22日午後7時ごろ、恵比寿駅前の路上で「男性が車で連れ去られた」との110番通報が、目撃者から相次いだ。緊急配備を敷くなどして調べたところ、車のナンバーなどから番組の企画の撮影だったことがわかったという。

                     お笑いコンビ「コロコロチキチキペッパーズ」のナダルさんを車で連れ去り、知り合いに連絡を取って助け出してもらうという内容で、署は翌23日、番組のディレクターらを署に呼び、厳重注意した。この企画は放送されていないという。

                     TBSテレビ広報部は「警察および関係者のみなさまにご迷惑をおかけし、誠に申し訳ありませんでした。今後再発防止に努めます」などとコメントした。』

                         +++++

                    テレビ業界がどれほど劣化しているかの証明ですね。

                    昨年2017年がテレビと新聞が死んだ年です。
                    今のマスコミは、人間の心を失ったゾンビが徘徊している世界と言えます。
                     

                    | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:38 | - | trackbacks(0) |
                    漫画海賊版サイト損失5億円?
                    0


                      漫画の海賊版サイトというものがあるらしいです。私は閲覧したこともないし、閲覧する気もありませんが。
                      これがあるために逸した売上金が月に5億円との試算を講談社が公表しました。

                           +++++

                      朝日新聞デジタル
                      「コミック海賊版で月5億円損失」 講談社が試算公表
                      2018年6月23日00時11分
                      『漫画の海賊版サイト対策の方法を決める政府の知的財産戦略本部の検討会議が22日、始まった。政府が4月に緊急対策として打ち出したインターネット接続業者(プロバイダー)によるサイトブロッキング(接続遮断)を法制化するかどうかなどについて、今年9月中旬ごろまでに方向性をまとめる。

                       会議には関係省庁のほか、出版社やプロバイダー、消費者団体の代表らが参加。出版社側からは接続遮断に好意的な意見が相次いだ。

                       講談社の代表は、デジタルコミックの売り上げをもとにした社内の試算結果を公表。「逸失売り上げ金が1カ月約5億円。対策がなければ年60億円にものぼった」と指摘した。「違法サイトを見逃し続ければ、日本のコンテンツ産業は根底から崩壊し、作家らの優れた才能を枯渇させるのは明らか」などと述べた。カドカワの川上量生社長は「接続遮断に類する技術以外ではこの問題は解決できない」と主張した。

                       一方、弁護士らからは接続遮断以外の方法も検討すべきだと指摘が出た。森亮二弁護士は「著作権侵害と通信の秘密の侵害のバランスは法制化の前に避けて通れない。『接続遮断しか救済方法がない』と国民的な納得が得られるのか」と述べた。』

                           +++++

                      5億円という数字は、どうやって弾き出したのでしょう?
                      よもや、「閲覧者(あるいは閲覧回数)すべてが、本来ならデジタルコミックを購入するはずだったという前提」ではないでしょうね?

                      こういうサイトというのは、「無料なら見てみよう」とか「最初の2〜3ページだけ」みたいな訪問者が来るから、「閲覧数=逸失利益」の方程式など成立しませんよ。

                           +++++

                      要するに漫画業界そのものがパワーを喪失しているのです。
                      だから漫画が売れないのです。
                      海賊版サイトを潰しても、読者は戻ってきません。
                       

                      | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:46 | - | trackbacks(0) |
                       123456
                      78910111213
                      14151617181920
                      21222324252627
                      28293031   
                      << October 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE