紅而blog

引用は良識を以てお願いいたします。
コメントには、たぶん返事はしないと思います。
私は文章を書くのが異常に遅いので。あしからず。

<< 久々のNHK連続強姦記者 | main | 蓮舫が戸籍公開取り止め >>
車椅子とエスカレーター
0


    車椅子といったら直近にあったバニラ・エア問題を思い出します。が、今回は、香川県でエスカレーターから車椅子が滑落し、巻き添えで死者を出した事件を。

         +++++

    朝日新聞デジタル
    危険でもつい利用 車いすでエスカレーター、複雑な事情
    森下裕介 斉藤寛子、根津弥
    2017年7月13日05時05分
    高松市で、車いすでエスカレーターに乗って転倒し、後ろの利用者が巻き込まれて死亡する事故が起きた。メーカーなどは車いすでエスカレーターに乗らないよう呼びかけるものの、利用する人はいる。エレベーターが使いづらい面もあり、障害者や支援する人々は頭を悩ませている。

     事故は10日午前10時40分ごろ、高松市内の商業施設にあるインテリア店「ニトリゆめタウン高松店」で起きた。

     香川県警によると、市内の無職男性(81)は車いすの妻(79)を後ろから支えながら、エスカレーター(高低差約5メートル、幅約1メートル)で2階から3階に向かっていた。だが、3階降り口の段差に車輪が引っかかり、バランスを崩して車いすごと2人は転げ落ちた。後ろにいた女性(76)が巻き込まれて全身を強く打ち、出血性ショックで死亡した。男性は左腕に軽傷、妻は頭に重傷を負った。悲鳴を聞いた店員が駆けつけ、緊急停止ボタンを押したという。県警が過失致死容疑で調べている。

     妻は普段から車いす生活を送っていた。この商業施設には、計7カ所ある1階の入り口やサービスカウンターで車いすを貸し出すサービスがある。夫婦はこの日、車で訪れた。男性が車いすを借りて駐車場まで運び、妻を乗せて移動していたという。

     事故現場のエスカレーターから20メートルほどの場所にはエレベーターがあった。男性は県警の調べに対し「そこにエスカレーターがあったので乗ってしまった」と話しているという。

     現場のエスカレーターには車いすでの利用を禁止する注意書きなどはなかった。ニトリは今回の事故を受け、全国の店舗にエスカレーターでの車いすやベビーカーの使用禁止を呼びかける看板を設置した。
    (森下裕介)

     車いすメーカーは「事故や転倒・転落の恐れがある」と取り扱い説明書に明記するなどし、エスカレーターで利用しないよう呼びかけている。大手の松永製作所(岐阜県養老町)は説明書に禁止と明記していないが、「そもそもエスカレーターでの利用を想定していない」と担当者は話す。

     あるエスカレーター製造会社も「車いすやベビーカーなどのエスカレーター使用は禁止している」とする。「以前は、エレベーターがない駅舎などのために、車いすでも乗れるエスカレーターも製造していたが、エレベーターの設置も進んできたため、ここ数年は販売していない」

     ただ、国土交通省によると車いすのエスカレーター利用に法的な規制はない。エレベーターなどが一概に使いやすいとも言えず、エスカレーター利用に理解を示す声もある。

     全国脊髄(せきずい)損傷者連合会(東京)によると、上半身がしっかりして力のある車いす利用者にはエスカレーターに乗る人もいる。ただ、荷物を落とす、体のバランスを崩すといった報告が少なくないという。

     電動車いすを利用する大浜真・代表理事は、エスカレーターがデパートなどの入り口のそばにある一方で、エレベーターは奥にあって不便なことがあると指摘する。エレベーターがいっぱいで乗れないことも多く、「ついついエスカレーターに乗りたくなる気持ちもわかる」。

     1歳の息子がいる東京都豊島区の会社員女性(33)は、ベビーカーでエスカレーターを利用する。エレベーターの待ち時間が長かったり、駅では乗り換えや遠回りが必要だったりで、「危険だと分かっているし、後ろめたさはあるけど、つい利用してしまう」。

     香川県社会福祉協議会はウェブサイトに、車いすの広げ方やエレベーターの乗り降り、階段の上り下りなどとともに、エスカレーターでの車いすの介助方法を示すマニュアルを載せていた。「危険を伴うので注意が必要」という注意を記したうえで、「キャスター(前輪)を上げてステップに乗る」、「階段状になりはじめたら、一つ上の段の角に後輪を押しつける」などと説明していた。

     2004年に作成した介助の冊子に掲載した内容だが、今回の事故を受け、12日に削除した。社協は「事故があった以上、適切ではなかった。今後はエレベーターの利用を呼びかけたい」とするものの、「エレベーターのない施設もあり、エスカレーターの利用を100%否定できない」と頭を悩ます。

     ユニバーサルデザインに詳しい三星昭宏・近畿大学名誉教授は「車いすでエスカレーターに乗るべきではないが、一概に責められない部分もある。エスカレーターの前に、エレベーターの場所を大きく表示するなどの対策も必要。画像認識の技術を使い、車いすで乗ってしまわないようにする対策も考えるべきだ」と話している。
    (斉藤寛子、根津弥)』

         +++++

    車椅子でエスカレーターを利用する人の意識は次のようなものらしいです。


    転倒の危険性はヨボヨボの高齢者も同じではないか。彼らには何も言わず、車椅子ユーザーにだけ言及するのは差別
    健常者もエスカレーターに乗れるのだから、車椅子ユーザーにも選択権があるはず
    エスカレーターは要するに移動を楽にするための施設。ならば健常者よりも、身体が不自由な車椅子ユーザーのほうが利用する必要性が高い

    だから、こういう事故が起きても乗る人は乗るでしょうね。
    エレベーターがあっても関係はないと思います。

         +++++

    今回は巻き込まれた女性が亡くなりました。
    けれども、上記の朝日の記事からは、車椅子ユーザーへの非難は読み取れません。
    むしろ、「仕方ないよね」みたいな価値観がほの見えます。
    エレベーターなどが一概に使いやすいとも言えず、エスカレーター利用に理解を示す声もある
    なんてことも書いてますし。

    つまりは、今後もこのような事件が起きる可能性があるということです。

    では、車椅子でエレベーターを使う場面に直面したら、どうすればいいのでしょうか。

    A. 手助けする
    B. 「車椅子でエレベーターは危険ですよ」と注意する
    C. 巻き込まれないよう遠ざかる

    難しい問題です。

    | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |









    http://blog.webmanga.lolipop.jp/trackback/877
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    3031     
    << July 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE