紅而blog

引用は良識を以てお願いいたします。
コメントには、たぶん返事はしないと思います。
私は文章を書くのが異常に遅いので。あしからず。

<< スーダンの韓国軍、その後 | main | 大容量キャパシタが実現! >>
女ロボの表紙に難癖
0

    世の中にはなんでもないことを騒ぎ立て
    問題化する人々がいるものです。
    あ、イヤ、今回は、あの半島の方々とは無関係な話ですよ。

    朝日新聞デジタル 2014年1月9日05時00分
    女性ロボットの表紙めぐり“炎上” 人工知能学会誌、デザイン一新で 
    http://www.asahi.com/articles/DA3S10915763.html

    腰からケーブルが延びた女性型ロボットが、右手に本、左手にほうきを持ってこちらを見ている。人工知能学会の学会誌の表紙を飾ったイラストに対して昨年末、ツイッターで「女性差別だ」と批判が上がった。学会誌のあり方をめぐる議論になった。
     人工知能学会は1986年発足。学会員数は約3千人。年6回発行の「人…

    続きを読む(会員の方)』

    「人工知能学会誌」の表紙に
    女性型ロボット、というより単に、
    ケーブルをつないだ清楚な女性のイラストを載せたところ
    批判の声が上がったとのことです。

    紙版から若干部分を書き起こしてみます。

    だが、公開直後からツイッターで「学会を挙げた性差別」との批判が続出。現代アーティストでマサチューセッツ工科大助教のスプツニ子!さんは「ひどすぎ! うつろな目で掃除をする女性型ロボット」とつぶやいた。朝日新聞の取材に「家事をする女性型ロボットが学会誌の表紙を飾るのは、国際的なジェンダーの問題意識に対して無自覚に思えた。米国で、学会誌が黒人のお掃除ロボットを表紙にしたら問題になるのと同じ構図」と訴える。
    同誌の編集委員長は、彼自身
    女性がどう感じるかが気になり、個人的に編集委員や学会事務局の女性に意見を求めたが、「ネガティブな反応はなかった」という。

       +++   +++   +++   +++   +++

    朝日新聞に「問題化」する意欲が満々なのは分かりますが
    「論拠なき断定」はいただけませんね。

    「女性差別」だと言うのなら
    どこが差別表現に当たるのか具体的に指摘していただきたいものです。
    たとえば、
    「『家事は女の仕事』という
    固定化した男女の役割を強調している」とか、
    「女性型ロボットは女性の人格軽視の象徴である」とか。

       +++   +++   +++   +++   +++

    スプツニ子!さんは「ひどすぎ! うつろな目で掃除をする女性型ロボット」とつぶやいた。朝日新聞の取材に「家事をする女性型ロボットが学会誌の表紙を飾るのは、国際的なジェンダーの問題意識に対して無自覚に思えた。米国で、学会誌が黒人のお掃除ロボットを表紙にしたら問題になるのと同じ構図」と訴える。

    ロボットなんだから瞳に力が無いのは仕方がないのでは?

    それと
    国際的なジェンダーの問題意識』って何ですか?
    まったく具体性に欠けますよね。

    そもそも
    ジェンダーが云々、
    女性差別がどうこう、を問題にしているにも関わらず、
    黒人のお掃除ロボット』を持ち出して来るのは
    的外れではないですか。
    黒人云々は人種差別に関する事柄であって
    今回の問題とは次元が違います。
    それに
    この言葉を裏返せば
    「白人のお掃除ロボットなら米国でもOK」ってことになりますよね。

       +++   +++   +++   +++   +++

    スプツニ子!の主張にはまったく説得力がないのですが、
    米国で、学会誌が黒人のお掃除ロボットを表紙にしたら問題になるのと同じ構図」と訴える。
    という部分は、
    ある種のモンスター・クレイマーの性癖を解明するのに
    重要な鍵となる部分です。

    そう。
    構図』。
    彼らは構図、すなわち抽象的な図式や配列に
    過剰に、ないしは異常に反応するのです。
    これは
    「卒業式、君が代、日の丸」という構図に
    反日極左の方々が病的に興奮することと通じます。
    しかし、彼らは、その反面
    具体的な状況には関心を示しません。
    状況や現実はあくまで素材にすぎないのです。
    夜空に無秩序にばら撒かれた星屑から星座を読み取るように
    彼らは現実や状況から
    抽象的な、是非善悪によって秩序づけられた構図を
    抽出する、というより創作してしまうのです。
    そして、自分勝手に騒ぎ立てるのです。

    この種の人間が
    マスコミや学会などインテリの世界に多いのが困ります。

       +++   +++   +++   +++   +++

    件のイラストは
    常識のある人が見れば、
    「女性差別」を感じるようなものでないことが明らかです。

    しかし
    人工知能学会に敢えて忠告をするならば、
    女性の絵にネコ耳をつけるとか、
    尻尾を生やすとかしていれば
    この手のイチャモンは防げたと思いますよ。
    いっそのこと
    萌えアニメ風の絵柄にしておけば問題はなかったでしょう。

       +++   +++   +++   +++   +++

    おまけです。
    今回の騒ぎは結局
    放火魔朝日に火をつけられた、というのが真実みたいです。

    J-CASTニュース 2014/1/10 20:11
    ほうき持つ女性型ロボットの表紙 人工知能学会の「お詫び」、過剰反応では 
    http://www.j-cast.com/2014/01/10193944.html?p=2

    「お詫び」は朝日の記事に対応 人工知能学会では、朝日の記事が出た2014年1月9日、サイト上で「『人工知能』の表紙に対する意見や議論に関して」と題した文を載せた。 そこでは、ネット上で批判も多く寄せられたとして、「不快な思いをされた方々、また人工知能学会を日頃から支援して頂いている関係者の方々に深くお詫び申し上げます」と書いた。「女性が掃除をしているという印象(さらには女性が掃除をすべきだという解釈の余地)を与えたことについては、公共性の高い学術団体としての配慮が行き届かず、深く反省するところです」ともしたが、「女性を差別するような意図はありません」と説明している。
    お詫びを出したことについて、人工知能学会の事務局長は、朝日の記事が出たことから対応したことを取材に認めた。学会誌の編集委員長が事務局に来て、編集部に投書が来て困っていると明かしたことからサイト上で説明することにしたという。
    ただ、投書は、メールで10通ほどが来たが、批判は2、3通だけで、そのほかは表紙をほめる内容がほとんどだったそうだ。サイト上に載せた文は、謝罪というよりはむしろ、編集方針の見解を述べたものだとしている。表紙の差し替えや学会誌の回収もしないという。
    お詫びするのも過剰反応ではないかといった声がネット上で出ていることについては、「こうした表紙を今後使わなくなるといったことではありません」と理解を求めている。 学会誌は、学会員に配られるものだが、一部は書店で販売しているという。学会誌を手がけるオーム社の出版部では、7日から数百部を一部の書店で販売しており、増刷するかは様子を見て決めたいとしている。


     
    | 紅而遊戯 | メディア批評 | 10:17 | comments(1) | trackbacks(0) |
    私も女性なのですが、抗議している女性のバカさ加減には本当に嫌悪しました。
    そもそも、「掃除」の何が悪いというのでしょうか??
    この抗議した女性は、清掃という職業に就く人たちを軽視してるから、こういうことを言うのでしょう。
    私はむしろ、清掃業の人たちがこのバカ女たちに抗議してほしい。
    このイラストで傷つく女性なんぞ存在しません。
    いたら、それは完全にビョーキとか心療内科にお世話になるべき問題です。
    でも、清掃業の人たちは不快に思うと思います。
    うちの親戚のおばちゃんとか、定年退職しても「デパートのお掃除おばさんでもいいから仕事した〜い♪」とか言ってるのに、こんな話を聞けば、自分の職業が世間から見下されてると思うに違いありません。
    | みい | 2014/05/10 2:02 PM |









    http://blog.webmanga.lolipop.jp/trackback/475
         12
    3456789
    10111213141516
    17181920212223
    24252627282930
    << September 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE