紅而blog

備忘録を兼ねた、よしなしごとを綴るブログです。
コメントの返事は期待しないでください。
あしからず。

<< 猥褻云々よりも | main | 在特会の動機は >>
もしや朴槿恵は
0


    今の朝鮮半島情勢を見れば
    日本のことよりも
    北朝鮮の心配をすべきだろうと思うのですが
    朴槿恵・韓国大統領の瞳には
    憎むべき日本の姿しか映っていないようです。


    朝鮮日報 : 2013/10/01 10:20
    「日本と信頼築けない」 朴大統領が安倍政権を批判
    来韓中の米国防長官と会談
    http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/ 2013/10/01/2013100101088.html
    朴槿恵(パク・クンヘ)大統領は先月30日、来韓中のヘーゲル米国防長官と大統領府(青瓦台)で会談し、韓日関係について「歴史や領土問題で時代に逆行する発言を繰り返す(日本の)指導部のせいで信頼を築けずにいる」と述べ、安倍政権を強く批判した。また「日本は(歴史問題などを)無視して何の誠意も見せておらず、傷口に塩を塗るようなことをしながら『対話すればよいのではないか』と言っている残念な状況だ」と指摘した。

     大統領府によると、ヘーゲル長官が韓米日の安全保障協力の重要性に触れながら、韓日間の歴史問題をしっかり管理すべきだと述べたのに対し、朴大統領は「日本は北東アジアの平和と安定のために協力すべき重要な国。韓米日協力の重要性もよく分かっている」と応じた上で、このように述べたという。

     朴大統領はさらに、慰安婦問題について「今も進行中の歴史」だと述べ「あの方たちは花のような青春を踏みにじられ、これまで深い傷を抱えて生きてきたが、日本は謝罪するどころか元慰安婦たちを侮辱し続けている」と批判。元慰安婦だけでなく国民も一緒に怒り「これではいけない」と思っている状況だと伝えた上で「韓日の指導部が会談したからといってこの問題が解決するだろうか」と反問した。歴史・領土問題は国民と共に解決する問題であり、韓日の首脳が会談して解決できる状況ではないとの姿勢を明確にした。

     また「以前のように、日本の指導部が会談後に再び(韓国国民を)傷つけるような発言をすれば『あの会談は何だったのか』ということになる」と述べ、こうした悪循環が問題だと指摘した。その上で、米政府に対し「日本が周辺国の信頼を得るため努力するよう、今後も関心を持って支援してほしい」と求めた。

    金真明(キム・ジンミョン)記者

    朝鮮日報/朝鮮日報日本語版』


    朝日新聞デジタル 社説 2013年10月7日(月)付
    朴槿恵大統領―首相と会ってみては
    「歴史や領土問題で後ろ向きの発言をする指導部のせいで、信頼が形成できない」

     韓国の朴槿恵(パククネ)大統領は、訪韓した米国防長官に、そう嘆いたという。日本となぜ、仲良くできないかを語ったものだ。

     安倍首相の歴史認識に、韓国や中国が不信を募らせているのは事実だ。しかし、朴氏の態度にも、日韓関係を改善しようという意欲は感じられない。

     首脳会談は、事務方が用意したシナリオを進めるだけの行事ではない。立場の違いを認めつつ、それを少しでも縮めるためにトップならではの丁々発止の論議ができる重要な場だ。

     不信や不満があるのならなおのこと、朴氏は安倍首相に直接話しかけてみてはどうか。

     そう思うのは、朴氏がこれまでも他国の要人との会談で日本問題を取り上げてきたからだ。

     5月の訪米ではオバマ大統領に「地域の平和のためには、日本が正しい歴史認識を持たなければ」と直訴した。中国でも、歴史問題などで地域の対立と不信が深まっていると憂えた。

     外交の基本は信頼であり、それは対話を積み重ねることで育まれるというのは、ほかならぬ朴氏の持論だったはずだ。

     また、朴氏はこれまで訪ねた国々で、政権の看板政策である「東北アジア平和協力構想」への支持を呼びかけてきた。

     環境やエネルギーなど対話しやすい分野から順に、多国間で話し合う枠組みをつくろうという構想で、日本の参加が欠かせないとしている。

     だが、崇高な理念と、すさびきった日韓の現実との間には落差があり、朴氏の姿勢には戸惑いを感じざるをえない。

     朴氏の今回の発言は、安倍首相の国連演説が背景にあるとされる。首相は紛争下の女性の保護に取り組むと訴えつつ、従軍慰安婦問題には触れなかった。

     日本政府も韓国の反発を予想していただけに、韓国政府側は「国連を舞台に日本が挑発してきた」と受けとめた。不信が不信を呼ぶ悪循環に陥っている。

     だが、日本政府は少なくとも首脳会談の開催を呼びかけている。韓国政府には、日本は日韓関係の改善を中国に見せつけたいだけではないのかと警戒する声もあるが、首脳会談でどちらか一方だけが何かを得ることなどありえない。

     日本との接点を絶つ理由を探すよりも、実際に顔を合わせて問題解決の道を探るのが、賢明なお隣づきあいではないか。

     これからの日韓や東アジアはどうあるべきなのか。

     朴氏の口から聞いてみたい。』

    ホント、聞いてみたいものです。

       +++   +++   +++   +++   +++

    こういう記事を読むと
    「ひょっとしたら朴槿恵さん、あなた慰安婦の強制連行を信じてるの?」
    と疑いたくなります。
    まさか
    そこまで馬鹿じゃないですよね?

    どちらにしても
    マスコミが捏造した慰安婦問題は
    ネットの力によって
    日本では神通力を失いつつあります。

    だから
    どれだけ慰安婦問題で騒いでも
    安倍総理は乗ってきません。

       +++   +++   +++   +++   +++


    朝日新聞デジタル 2013年9月29日5時25分
    朴大統領、謝罪の日々 公約修正、「詐欺」と野党批判
    http://www.asahi.com/international/update/0927/TKY 201309270488.html?ref=com_top6
    【ソウル=貝瀬秋彦】韓国の朴槿恵(パククネ)大統領が連日の謝罪に追い込まれている。来年の予算案で、昨年の大統領選での目玉公約を修正したためだ。側近の担当相も辞意を表明。野党は「公約破棄」「詐欺」などと激しく批判しており、「原則堅持」を掲げる朴氏のイメージダウンにつながる可能性がある。

     朴氏は26日に開いた国務会議(閣議)で、公約だった65歳以上への新たな年金一律支給案の修正を決定。「私を信頼してくれたお年寄り全員に支給できない結果になり、申し訳ない気持ちだ」と述べた。27日にも高齢者団体幹部らとの会合で、「申し訳ない気持ち」と改めて謝罪した。

     公約は高齢者全員への月20万ウォン(約1万8千円)の支給だったが、対象を所得下位70%に限り、金額も10万〜20万ウォンの間で差をつけた。朴氏は景気停滞による税収不足などを理由に「不可避の選択」と釈明したが、「任期内に実践すべく最善を尽くす」と強調した。

     野党側は「大企業や金持ちへの増税で実現できるはずだ」と主張。朴氏の支持者には高齢者層が多く、野党はこれを機に攻勢をかけたい考えだ。』


    パクネ将軍の支持率、2週間で11%急落
    シンシアリーのブログ 2013-10-04 19:05:35
    http://ameblo.jp/sincerelee/entry-11627913911.html

    公約詐欺のおかげで支持率が急落しました。

    就任当初から
    切り札の反日カードを盛大に切った朴槿恵ですが
    これでますます反日に頼らざるを得なくなります。

    彼女は
    どうやら
    誰もが認める無能な大統領らしく
    反日のほかに
    国民をつなぎとめる手段がありませんから。


     

    | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:02 | comments(1) | trackbacks(0) |
    パククネさんの言動、彼女の本意か否か確信が持てない。と言うのは、父親の経歴、親日の父親を否定はしていないであろうし、正当な歴史的事実も判っているものと思う。父親故に敢えて反日姿勢を強硬に装っているのでは?韓国経済が行き詰って、国内世論が日韓正常化を求めるようになれば、豹変も考えられる・・・・・・もう少し様子見します。
    | 平国党 運国斎 | 2013/10/21 4:14 PM |









    http://blog.webmanga.lolipop.jp/trackback/400
       1234
    567891011
    12131415161718
    19202122232425
    2627282930  
    << November 2017 >>
    + SELECTED ENTRIES
    + RECENT COMMENTS
    + CATEGORIES
    + ARCHIVES
    + MOBILE
    qrcode
    + LINKS
    + PROFILE