紅而blog

Comments are not accepted. Display only last two years articles.
コメントはしばらく受け付けないことにしました。直近2年の記事のみ表示。
過去の漫画作品は本館サイトに→ http://webmanga.lolipop.jp/kako.html
日本のパス回し戦術の正当性
0


    サッカーワールドカップの対ボーランド戦で日本チームは最後の10分間、パス回しに終始。
    これが賛否両論を呼んでいる、そうです。
    特に朝日新聞の書き方がすごいですね。

    朝日新聞デジタル
    「規範」守らぬ西野監督 世界のサッカーを敵に回した
    忠鉢信一 2018年6月30日11時27分

    『世界のサッカーを敵に回した』って、なんで分かるの?

         +++++

    日本は、ボーランド戦では0-1で負けたものの決勝トーナメントには進めるということです。
    この仕組みってサッカーに興味のない私には今ひとつ分かりません。
    (ちなみに、これまでの日本チームの活躍は朝のニュースで見る程度です)

    で、日本チームを批判する人たちの意見はというと。
    「ルールは破ってないけど、こんなやり方はサッカーじゃない」。
    これって、白鵬の張り差しに浴びせられた、「禁じ手ではないけど、横綱のやることではない」という批判に似ていますね。

         +++++

    白鵬の張り差しなども、伝統的な相撲愛好者からすれば許しがたい行為なのでしょうが、私みたいな素人からすれば「何が悪いの? かわせばいいじゃん。(あるいは、やりかえせばいいじゃん)」というのが正直な感想。

    対ポーランド戦での日本チームのパス回しも同様です。
    「ボーランドチームが日本のパス回し戦術を破ればよかったんじゃない?」

    そう。ポーランド側も消極的だったのに、なぜかこちらは非難されません。

         +++++

    日本側は「ここで負けても決勝トーナメントに進めるだろう」。

    ポーランド側は「すでに脱落が決定しているのだから、何もせずに1-0を保ったほうが得策」。
    双方の思惑が噛み合って、こんな試合になってしまったわけです。
    要するに、決勝進出の仕組みに問題があるわけです。
    仕組みないしはルールの不備に目をつぶって、不満をすべて日本側に押し付けられても困ります。
     

    | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:35 | - | trackbacks(0) |
    HINOMARUの抗議デモたった4人
    0


      今月の中旬に取り上げた話題ですが、RADWIMPSのHINOMARUという曲に反日極左の方々がイチャモンをつけていました。
      コンサート会場で大々的なデモをぶつけるという話でしたが、蓋を開けてみたら動員できたのが数人というトホホな結末に落ち着きました。

      RADWIMPSの 「HINOMARU」 に抗議する左翼
      https://www.youtube.com/watch?v=e8R4WH3zmmk


      正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
      RADのHINOMARU抗議集会・辻元清美関係の参加者4人「朝鮮学校は無償化〜」・逮捕者でる (06/27)
      http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7129.html

      『平成30年6月26日、RADWIMPS「HINOMARU」に抗議するためライブ会場の前で言論弾圧集会をする迷惑なテロリストたち

      参加者は、たったの4名だった。

      言論弾圧集会に使用された車は、辻元清美や木村真などを支持する「北大阪合同労働組合」の車だった。

      RADWIMPS「HINOMARU」に抗議する集会なのに、なぜか「朝鮮学校は無償化の対象から除外され〜」などと朝鮮学校についての演説をした!!(動画)』

           +++++

      3ケタくらいは動員できるのでは、と私は予想していましたが、1ケタとは……。
      結局この騒動は、反日極左パワーの無力さが満天下に知られてしまっただけに終わりました。

      もともと彼らの抗議には無理があるのですね。
      「廃盤にしろ」とか「二度と歌うな」とか。
      どこの独裁国家だと言いたくなるようなイチャモンでした。

      さすがに反日ワールド、極左世界の住人でも「同類と思われたくない」という意識が働いたのでしょう。うん。

      そもそも、HINOMARUという曲そのものが、ここまで過剰な反発を引き起こすような作品ではありませんしね。

           +++++

      おまけです。
      国旗に対して拒否反応を示すのは日本人だけではありません。

      How American Students React to the U.S. Flag Versus the ISIS Flag
      https://www.youtube.com/watch?v=DGFJO3nohgo

       

      | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 09:00 | - | trackbacks(0) |
      サンダース拒否は店側が悪い
      0


        トランプ政権のサンダース報道官がレストランでのサービスを拒否されました。

        基本的に私は「客が店を選べるのだから、店にも客を選ぶ権利がある」という立場です。
        (でなければ「一見様お断り」の店なんか存在できませんよね)
        だから、敬虔なキリスト教徒のケーキ屋さんが、ゲイのウエディングケーキの作成を断った事件についても、やむを得ないと思います。

        しかし、このサンダース報道官拒否のケースは少し違うんですよね。

             +++++

        朝日新聞デジタル
        米政権高官を入店拒否 トランプ氏「その前に掃除しろ」
        ワシントン=土佐茂生
        2018年6月26日17時29分
        『トランプ米政権のサンダース報道官がこのほど、夕食に訪れたレストランで入店を拒否されたことが分かった。この出来事にトランプ大統領が「素晴らしい人を拒否する前に、汚い店を掃除しろ」と割り込み、騒ぎが拡大している。

         米メディアによると、騒動が起きたのは首都ワシントンから約300キロ離れたバージニア州レキシントンのレストラン「ザ・レッド・ヘン」。サンダース氏が夫や知人ら7、8人で22日夜に同店を訪れると、性的少数者に差別的なトランプ政権の関係者に給仕することに同性愛者の従業員らが難色を示した。現地はトランプ氏の人種差別的な政策に反対する住民が多い地域。このため経営者は、丁重な言葉で店から出るよう求め、サンダース氏も「分かりました」と応じたという。すでにコース料理の前菜などが運ばれていた。サンダース氏は料金の支払いを申し出たが、店側は受け取らなかった。

         この経緯が報じられると賛否両論が噴出。民主党のマクシーン・ウォーターズ下院議員は23日、支持者に「大統領に間違っていると言えない閣僚には同情しない」と述べ、トランプ政権の高官を飲食店などから追い出すよう訴えた。トランプ氏も25日にツイッターで参戦。「外観が汚い店は、中身も汚い」と同店を非難し、ウォーターズ氏のことは「非常にIQが低い」などとこき下ろした。

         サンダース氏は25日の記者会見で「思想や哲学に関する健全な議論は重要だが、トランプ支持者への嫌がらせや公共施設からの追い出しをあおるようなことは認められない。米国は偉大な国だ。不一致があっても解決策を見つける能力こそ、我々を唯一無二のものにしてくれる」と語った。(ワシントン=土佐茂生)』

             +++++

        朝日新聞は肝心なことを隠しています。
        他紙によると、サンダース報道官たちは「予約した上で」店を訪れたとのことです。

        ブラリと入った店で断られるのと、予約しておいてわざわざ足を運んだ店で拒否されるのとでは事情が違います。
        客の方は、予約の時点でもう承諾があったと考えるのが通常です。そのために、時間を割いて到着したらNGを出された、となると、客の側とすれば時間等の浪費を強いられたことになるわけです。
        店側に特殊なルールがあるなら予約の際に告知すべきです。

        この事件に関しては、店側の態度が最悪だと思います。

             +++++

        この事件とは関係ないのですが、サンダース報道官は記者会見で「私の子供を誘拐しろと煽るハリウッド俳優がいる」旨の発言をしていました。
        この動画の0:25からです。
        Sarah Huckabee Sanders Addresses Red hen Controversy At White House Press Briefing 6/25/18
        https://www.youtube.com/watch?v=B1PZbVb25Xs


        まさに「トランプ憎けりゃ、報道官まで」ですね。
         

        | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:58 | - | trackbacks(0) |
        青山繁晴と立ち読み
        0


          近頃は聞かなくなった青山繁晴・参院議員の「立ち読みでもいいから読んで」発言。
          これがまた出ました。

          【DHC】6/25(月) 青山繁晴×居島一平【虎ノ門ニュース】
          1h36:30あたりから
          青山繁晴『いつも言ってて、出版社には悪いんですが、本当は立ち読みでも別にいいんですよ。商売のために書いてんじゃありませんから。プロですけども、儲けのために書いてんじゃない。よかったら、そのへんも、パラパラ見ていただいて、みんなで気持ちを共有したいと思います』

               +++++

          この人は本屋の商売を何だと思っているのでしょうか?
          世の中には立ち読みで、まるまる一冊読んでしまうような人間が存在するのですけどね。

          そもそも、いくら著者だからと言って、店頭に並んでいる著書の立ち読みの可否を決定する権利はないはずです。

          前から思っていたのですが、青山繁晴には見えていない世界があります。
          彼を貶めるためではなく、社会的影響力の強いエリートだから、あえて言っておきます。

               +++++

          ……と、ここまで書いたところで昔書いたきり放置していた文章を発見。

          青山繁晴は議員になる前から
          「ボクの本を立ち読みでいいから読んでください」
          と頻繁に言っていました。

          今は、立ち読みOKの本屋も普通に存在しています。イスさえ設置してあります
          しかし、立ち読みの可否はその本屋が決めることであって青山繁晴が決めることではないでしょう。

          【DHC】7/24(月) 青山繁晴・居島一平【虎ノ門ニュース】
          この動画はYoutubeからは削除されていますが、青山繁晴議員の新著について触れたくだりで
          『立ち読みでいいですからって、僕、本音で言ってたんですけど、あれ、本当に書店さんとか皆んな困るというので』

          オマエは今ごろ気づいたんかい!


               +++++

          以上、たぶん昨年(2017年)に書いた文章だと思うのですけど、この頃は青山センセイはまだ本屋を気遣う心を持っていたのですね。
           

          金儲けと思われたくないのなら、単に「本を買って欲しくて言ってるんじゃないです」と言えばいいのです。

          | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:32 | - | trackbacks(0) |
          朝日が隠すイタリアの難民拒絶
          0


            隠す、というのは言い過ぎですけど、なぜか朝日新聞もNHKも、この話題を小さく扱います。

                 +++++

            朝日新聞デジタル
            (地球24時)イタリア、入港認めず 難民支援船
            2018年6月13日05時00分
            『北アフリカ・リビア沖の地中海で難民支援団体の船に救助された約630人について、イタリアが入港を拒否した。支援船は11日、「人道的な理由」から受け入れを表明したスペインに向かった。

             イタリアは今月発足した連立政権が、移民・難民の受け入れを厳格化する方針を示している。支援船は当初、イタリアに向かって…

            残り:87文字/全文:237文字 全文を読む』

                 +++++

            NHKは、当日の朝6時のニュースでチラッと触れただけではないですか?

            イタリアが難民に対する態度を一変させたというのはそれなりに大きな出来事だと思います。難民を受け入れていたあのイタリアがここまで追い込まれていることですから。
            だからこそマスコミは「日本人に真実を知らせてはならない」という国民に知らせない権利を行使したのでしょう。

                 +++++

            ヨーロッパの近隣国から非難を浴びるのは分かっていて、あえて難民船を拒絶したわけです。イタリア国民も堪忍袋の緒が切れてしまったのでしょう。

            これまで難民を受け入れていたのは、人道主義の精神もありましたが、マフィアの金儲けという裏事情もあります。
            すなわち、難民に支給する金品をマフィアの息がかかった慈善団体がピンはねしていたわけです。
            だから、マフィアがより多く国庫から利益を引っ張りだすために、イタリアはより多くの難民を受け入れなければならなかったわけです。

            で、あげくが治安の悪化。右派政党の台頭。

            こういう事情を我が国もマスコミも報じて欲しいですよね。

            | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:52 | - | trackbacks(0) |
            秋葉原通り魔事件の弟が自殺
            0


              10年前の6月8日に秋葉原で起きた連続殺傷事件。
              この日に合わせて実家で購読している中日新聞も特集を組んだりしていました。

                   +++++

              ネットで知ったのですが、加藤智大の弟が自殺していたとのこと。

              何でも、職場は辞めざるを得なくなり、住居は転々とし、結婚の夢は潰え……という悲惨な境遇に陥っていたそうです。
              そして「加害者の家族は幸せになってはいけないんだ」的な絶望的な言葉を残して自殺。

              彼が退職したのは、マスコミが押し寄せてくるから。
              引っ越ししても、どうやって調べるのか、記者がやってきて乱暴にドアを叩くとか。
              新たな職場でも、いつ「加藤の弟」であることがバレるか、恐怖におののいてたそうです。

              マスコミはここまで追い詰めてはいけないと思います。と言っても、心を失った彼らには届かないでしょうけど。

              自殺した弟もある意味、被害者でした。

              ちなみに加藤智大の家族は離散。

                   +++++

              秋葉原通り魔事件は私の解釈では、一種の快楽殺人です。異常な母親にオモチャにされ続けて精神が歪んでしまった男がたどり着いた先が、破壊の快楽の世界。

              加藤智大本人やジャーナリストはもっともらしいことをのたまっています。が、動機は結局は人間性の本源的な深淵にあると思います。
               

              | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:34 | - | trackbacks(0) |
              Zombie Knifeとイギリスの治安
              0


                日本のマスコミは報じませんけど、イギリスの治安の悪化が由々しきレベルになっているそうです。
                何でもかつてのニューヨークよりも悪いとか。

                (今時の若者は知らないかもしれませんが、かつてニューヨークは治安の悪さで有名でした)

                そんなイギリスはサウスロンドンでの出来事。

                The moment a furious cyclist armed with huge 'zombie knife' smashes car window | ITV News
                https://www.youtube.com/watch?v=7_422lCfkhw

                ゾンビナイフですか。おどろおどろしい名前ですね。
                youtubeで見た別の動画では日本刀の脇差しを服の脇に隠しているギャング風の少年を映していました。

                ナイフの他にもエゲツない犯罪が増えているとか。
                でも、こういうことは我が国のマスコミは取り上げないのですね。
                 

                | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 09:06 | - | trackbacks(0) |
                川崎デモ中止と威力業務妨害
                0


                  似たような事件が前にもあったのですが、川崎市で右派政治団体の予定する講演会が反対派の妨害によって中止に追い込まれました。

                       +++++

                  朝日新聞デジタル
                  反ヘイト活動で講演会中止 数百人が抗議行動 川崎
                  斎藤茂洋
                  2018年6月4日07時34分
                  『川崎市で排外主義的なデモを繰り返している男性らが計画した講演会が3日、中止になった。講演会でヘイトスピーチが行われるとして、会場の市教育文化会館周辺には、反ヘイトスピーチの市民団体のメンバーら数百人が集まり、入り口を塞ぐなどの抗議行動を展開した。

                   抗議は市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」が呼びかけ、講演会開始の1時間前から「レイシスト(人種差別主義者)帰れ!」と連呼。講演会への参加者を見つけては取り囲み、押し返した。団体によると、約600人が抗議に参加したという。

                   神奈川県警によると、市民団体側の男1人が、講演会参加者のプラカードを壊したとして、器物損壊容疑で現行犯逮捕された。容疑を否認しているという。

                   この日はヘイトスピーチ対策法が施行されて2年。川崎市は今春、ヘイトスピーチの恐れがある場合、公的施設の利用を事前規制できる全国初のガイドライン(指針)を施行した。市民団体は指針による使用の不許可を求めたが、市は要件を満たさないとして利用を許可していた。(斎藤茂洋)』

                       +++++

                  朝日新聞の記事は隠し事が多くて今ひとつ詳細が分かりません。
                  で、産経の記事を。

                       +++++

                  産経ニュース 2018.6.3
                  「反ヘイト条例は是か非か」討論会が反対派の抗議で中止 講演の弁護士ら、会場に入れず
                  https://www.sankei.com/smp/affairs/news/180603/afr1806030021-s1.html
                  『(前略)
                   主催者の実質的な代表が右派団体「日本第一党」最高顧問を務める瀬戸弘幸氏(66)であることから、市民団体「ヘイトスピーチを許さないかわさき市民ネットワーク」を中心に反発、講演会の中止を呼びかけていた。

                   集会は「反ヘイト条例は是か非か」という題で政策討論会を開く予定だったが、数日前から対レイシスト行動集団(前身は「レイシストをしばき隊」)がツイッターなどで「ヘイト集会を許すな」などとして、中止に追い込むよう宣言し、集結を呼びかけていた。

                   会館の関係者によると、開場1時間前の午後1時ごろから、抗議に集まった数百人が、講演会関係者らの入館を阻み、激しいもみ合いとなった。

                   神奈川県警機動隊は現場で警戒したものの、押しかけた講演会反対派が出入口周辺に座り込むなどし、講演会参加者が入館するスペースを確保することができなかった。

                   考える会側は午後2時半ごろ、会館に中止、延期を申し入れた。
                  (後略)』

                       +++++

                  右派団体が企図した集会の内容は『「反ヘイト条例は是か非か」という題で政策討論会』とのことです。
                  だったら、問題はないと思いますが。
                  実際、川崎市は会場の使用を許可していますし。

                  でも朝日新聞は、集会の内容を書いてしまうと「問題がないことがバレてしまう」と考えたのでしょう。だから、伏せたのでしょう。姑息ですね。

                       +++++

                  今回の事件は、現時点の判断では、反対派に非があると思います。
                  仮に右派団体が届け出に反して、ヘイトスピーチを行ったとしても、会館内部で行われるわけですから、街宣デモと違って、聞きたくない人を傷つける性質のものでありません。事後的に川崎市の側から債務不履行責任を問うこともできます。反対派の側も、批判・非難という言論による対抗策を取れます。これらがバランスの取れた方法ではないでしょうか。(つまり、中止に追い込まなければ、回復が困難なほどの害悪が生ずるような集会でもないでしょ?)

                  にもかかわらず、反対派は「発言自体を許さない」方策を徹底しました。
                  特定の思想を持つ、特定の人物・集団には言論を許さないというのなら、言論の自由の否定です。

                  しかも、集会を中止に追い込んだやり方が、威力業務妨害が成立するレベルです。

                       +++++

                  ヘイトスピーチ規制法が産んだ最悪の副産物が今回の川崎事件です。
                  問答無用で「ヘイトスピーチ」のレッテルを貼り、犯罪といっていい実力行使によって言論を圧殺する。マスコミもこれに加担。

                  時代が変わって自分たちが抑圧される立場になったらどうするのでしょう?
                   

                  | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:49 | - | trackbacks(0) |
                  Tommy Robinson逮捕の波紋
                  0


                    イギリスの保守系(右翼?)政治活動家のトミー・ロビンソンが逮捕されました。政治団体English Defence Leagueの創始者ですね。
                    「Tommy Robinson」でYOUTUBEを検索すると、欧米の保守・右翼ユーチューバーがこぞってこの事件についての動画を投稿していることが分かります。彼らにとってよほど衝撃的な出来事だったのでしょう。

                    トミーについては、集団強姦事件に絡むムスリム・ギャングたちが入廷する様子をネットで生中継していたことが逮捕理由のようです。私はイギリスの法律に通じないので、これが何の罪状に該当するのか分かりません。
                    執行猶予中の犯罪ということで即決で13か月の禁錮刑に。

                    海外ニュース翻訳情報局
                    【英国:衝撃】世界に衝撃:保守系活動家トミー・ロビンソン逮捕、今日はトミーだが明日はあなた
                    2018/5/26
                    https://www.newshonyaku.com/uk/20180526

                    苺畑より
                    トミー・ロビンソン再逮捕、、そして消される現実。
                    https://biglizards.net/strawberryblog/wp/2018/05/26/%E3%83%88%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%93%E3%83%B3%E3%82%BD%E3%83%B3%E5%86%8D%E9%80%AE%E6%8D%95%E3%80%81%E3%80%81%E3%81%9D%E3%81%97%E3%81%A6%E6%B6%88%E3%81%95%E3%82%8C%E3%82%8B%E7%8F%BE/

                         +++++

                    恐ろしいことに、メインストリームメディアはこの逮捕劇を報じていない(らしい)のです。
                    そして、恐ろしいことがもう一つ。
                    トミーは刑務所内でムスリム・ギャングによって殺される可能性があるのです。

                    イギリスは変な方向に向かっています。
                    言論の自由も抑圧されているみたいですし。
                    ロンドンなどは治安も悪化しているようですし。
                    でも、こういうことは日本のメディアも報じません。
                     

                    | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:50 | - | trackbacks(0) |
                    頭から腐っていく日本社会
                    0


                      日本社会におけるエリート層の腐敗・堕落がトンデモない水域に達しています。

                           +++++

                      まずは日大アメフト事件。

                      早めに謝罪して心からの反省を表した上で進退を明らかにしていたら、ここまで大ごとにはならなかったでしょう。

                      「相手選手を潰してこい」的な指示についても、「選手が誤解した」みたいな釈明をしています。
                      監督やコーチの指示って、ほかに解釈の余地がないくらい明白なものだと思うのですけどね。

                      これって「ニュース女子」騒動におけるBPOの「救急車を停めたことが停めたと受け取られたようだ」報告に似ていますね。

                           +++++

                      フェイク森友騒動。
                      情報をリークしていたのが大阪地検の女性検事だということがバレて以降、マスコミが急激におとなしくなりました。

                      でも、いいのでしょうかね。検察官が自分の職務を利用して倒閣運動に加担しても。

                           +++++

                      沖縄での依田啓示さんにかけられた冤罪疑惑。これも当時の女性検事が無理矢理に起訴に持っていった疑いがあります。(のちに、この女性検事は退職)
                      なんでも、この検事、左翼側に異常に甘いお人だとか。

                      いいのでしょうかね。職務に主義思想の偏りを持ち込んでも。

                           +++++

                      名古屋高裁の裁判官の藤山雅行。
                      不法滞在の外国人に異様に甘い判決を出すことで有名ですね。
                      国家の法より自分の中の規範を優先するのでしょう。

                           +++++

                      文科省の元事務次官の前川喜平。
                      彼のマスコミへの登場によって、「この程度の人間でも事務次官になれてしまう」、すなわち、頭はいいのでしょうが、人間としてはアレだということが満天下に明らかになってしまいました。

                      彼の人間性については今さらあげつらうことはしませんが、このような人物を講演に招いた名古屋市の公立学校。その見識の無さに驚き呆れます。

                      ちなみに、暴力団が経営するいかがわしい場所に彼が出入りしていた件。大手マスコミの記者も誘われて、ここを利用していたため、記事にできなかったという噂もあります。

                           +++++

                      自称「権力を監視」しているらしいマスコミですが、彼らのほうが腐敗の度合いが甚だしいのだからどうしようもありません。
                       

                      | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:25 | - | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE