紅而blog

Please don't expect my reply to your comment. Display only last two years articles.
コメントはしばらく受け付けないことにしました。直近2年の記事のみ表示。
過去の漫画作品は本館サイトに→ http://webmanga.lolipop.jp/kako.html
注意! 夏日でも風は冷たい
0


    4月14日は体調が最悪でした。

    その前日の夕方に農作業をしたのですが、折からの異常な陽気のために薄着で働きました。これがいけなかったようです。
    作業の終わりぐらいから、腹部に、痛みには至らないものの嫌な感じがし始めました。それが翌朝5時前にはっきりとした腹痛になりました。寝ていたものの痛みによって目が覚めたのです。
    トイレに行ったら多少は楽になりましたが、その日は一日具合が悪かったです。(こんな日でも、畑仕事はやらざるを得ませんでした)

         +++++

    こういうことはたまにあるのです。

    夏日が到来したというものの、まだ4月。空気は冷たいのです。
    日差しの暖かさに惑わされて薄着で長時間いると、冷たい風に吹かれて体調が狂ってしまうのです。
    体で感じる気温と体が耐えられる気候は違うのです。

         +++++

    その14日のこと。
    近所で住宅建設の現場がありまして。そこで、朝早く作業している若者たちはTシャツでした。

    前から疑問に思っていたのですが、うすら寒い季節にTシャツ1枚で野外作業している人たちがいますけど、彼らは平気なのでしょうか?
     

    | 紅而遊戯 | その他 | 08:16 | - | trackbacks(0) |
    アトピー?にはならなかった
    0


      3か月ほど前に書いた文章です。

           +++++

      昨年8月にアトピー関連の文章を書きました。
      その時は「アトピーらしき皮膚炎が(たぶん)治った」という内容でした。が、11月になって似た症状が出はじめました。
      寒さのせいでしょうか。

           +++++

      一昨年は秋にスネの毛穴に点々と赤い斑点ができて、それが次第に広がって、冬に入るとかゆくてかゆくてたまらなくなりました。

      夏には治ったので安心していました。が、冬になってまたもやスネに、点々とまではいかなくても、毛穴が二つ三つ赤くなっていました。

      前の経験から学んだのは「絶対にかきむしってはならぬ」ということです。

      だから、痒みを感じたらムヒSかムヒS2a、あるいはペンソールHを塗ります。

      薬のおかげかどうか分かりませんが、今のところ一昨年のような悲惨な状態にまでは進行していません。
      赤い斑点も広がってはいません。
      かゆいところもあるのですが、薬を塗っていれば数日でおさまります。
      前に経験した、就寝中に無意識にかきむしり、朝になってツメで引っ掻いたあとを発見するというような強烈なかゆさではありません。

           +++++

      何が原因なのでしょうか?

      一昨年は、肌着を木綿にしてみたり、電気毛布を止めてみたり、メンソレータムや尿素入りクリームを塗ってみたりしましたけど、一向によくなりませんでした。

      寒さによる肌の乾燥なのでしょうか?

           +++++

      そして今現在。
      アトピーらしき皮膚炎は未だ現れません。
      たまに猛烈にかゆい時はムヒS2aのお世話になります。

      現時点の結論としては、一昨年苦しめられたアトピーらしき皮膚炎の原因は、某スーパー内のパン屋で焼いたチーズパンらしいということです。
      これを絶った今はあのような、毛穴が赤くなって周囲が赤茶色に変わり、朝晩問わずに猛烈に痒くなる皮膚炎は起きていません。
      その代わりに乾燥が引き起こす痒みにはたまに悩まされます。
      (一昨年は「アトピーらしき皮膚炎」と「乾燥による痒み」の二つが併存していたのでしょう)

      これまでは何となく、大企業が大量生産してビニールにパックされたパンよりも、個人のパン屋が焼いたパンのほうが、添加物とかもなくて安全なように思っていました。けれども、今は、その考え方が揺らいでいます。

      アトピーに悩んでいる人は、食べている物を調査したほうがいいですよ。
       

      | 紅而遊戯 | その他 | 08:20 | - | trackbacks(0) |
      C社製プリンタのせいで
      0


        実家にはC社製の複合プリンタがあります。
        WindowsXPパソコンと同じに買ったので、ずいぶん古い代物です。
        役所に提出する書類をコピーするために久しぶりにこれを使いました。

        本当はコンビニのマルチコピー機でもよかったのですが、「10円を払うのもな〜」というケチくさい思考が最悪の結果を招きました。

             +++++

        電源を入れて、コピーを選択して、「OK」ボタンを押しました。
        すると、折り悪しく「インクの残量がありません」的な表示が出ました。色はシアンです。

        「いや、白黒でコピーするんだからシアンなんか関係ないんだよ」と内心叫びながら、いろいろボタンを押しましたが、表示は消えません。
        もちろん白黒コピーもできません。
        やむを得ず説明書を引っ張りだし、本体を開けて、インクを交換し、また本体を閉じました。

        液晶画面を見てみると、またもや「インクの残量がありません」的表示です。今度はマゼンダです。
        ならば、さっきと同時に表示させるべきではないのですか?
        これがまともな人間の発想ですが、C社のエンジニアの頭脳は違うようです。
        やむを得ず交換作業を再度試みました。
        (インクの買い置きがあったのは幸いでした)
        もっとも、機械の不具合でインクカートリッジが隠れたまま動かなくなってしまい交換に異常に時間がかかってしまった。

        そして、本体を閉じました。
        しかし……。
        液晶画面には今度は「インクの交換をお薦めします」的な表示が出現しました。イエローと黒です。
        さすがに、この時は「怒髪天を衝く」思いでしたね。

        しまった説明書を取り出して、よく調べたら、この場合は「OK」ボタンを押したらコピーが続行できるようです。
        「それならそうと画面に表示させろよ!」と内心激怒しながらボタンを押しました。
        (利用者に分かりやすいように必要な操作方法を画面に表示させるという発想がないのですね)

        ようやくコピーできました。

             +++++

        作業に費やした時間は、測ったわけではありませんが、40分くらい。1枚コピーするだけだったのに。しかも朝の忙しい時に。
        コンビニなら3分もかからなかったでしょう。

             +++++

        デジタル機器というのは、パソコンにも言えることですが、利用者にとってはどうでもいい障害(というより設計者の意図)によって、全機能が停止してしまうことがあります。
        今回のように、「インクの残量がありません」的な表示が消えない。かすれてもいいから印刷したい場合もあるのに、それはできない。どうすればいいのか画面には手がかりがない。といったふうに。

        今時のプリンタはこの点、改良されているのでしょうか?
         

        | 紅而遊戯 | その他 | 08:59 | - | trackbacks(0) |
        農業用ドローンがあれば
        0


          昨日は外に自転車で出かけたらすぐに雨が降ってきました。最近こんなことがよくあります。

               +++++

          中日新聞を読んでいたら、農業用ドローンの記事が載っていました。
          なんでも、10リットルの農薬を空中から散布できるそうです。
          結構な量ですよ、これは。
          私は4リットルの蓄圧式噴霧器を使っています。肩に掛けてあちこち動きまわるなら、この量でもキツいです。なのに、2.5倍の重量の薬液を搭載して飛べるとは。

          農薬散布に使うなら、高く飛ぶ必要はありません。だから誰かの頭に落下なんてことも起こりにくいわけです。

          値ごろならば買ってみたいな、と思って最後の行を見てみると……。
          何と275万円!
          大規模農家向け商品だったのですね。ちょっと、がっかり。
           

          よく考えてみれば、小規模農家なら10リットルもの容量は必要ありませんよね。

          | 紅而遊戯 | その他 | 08:20 | - | trackbacks(0) |
          洗濯機がバカだから溶け残る
          0


            最近の全自動洗濯機は自動的に水量を調節してくれます。
            「賢いな〜」と思っていたら存外バカであることが分かりました。

            ある日のこと。合繊製の衣類を何枚か洗濯槽に放り込み、最後に重量のある浴室用マットを2枚入れました。
            水量表示が思いのほか少なかったことに不審を感じましたが、そのまま洗濯しました。

            それが……。
            脱水が終わって取り出すと、結構な量の洗剤がマット裏の折り目に固まっていました。いわゆる「溶け残り」です。

                 +++++

            その時は単純に「洗剤の量が多すぎたのだろう」くらいに思っていました。が、後になって考えると、「合成洗剤が溶け残るのはおかしい」のです。粉石けんと違って、水に溶けやすいところだけが合成洗剤の取り柄ですから。

            結論として、「水の量が少なすぎたのでは」というところに着地しました。
            つまり、マットの折り目の部分が水上に浮いてしまって、そこにたまった洗剤が最後まで残ってしまった、というわけです。

            最初に感じた「水量表示が少なすぎる」という勘が正しかったのです。

                 +++++

            ネットで調べてみると、意外な真実が分かりました。
            洗濯機の水量は、衣類の重さではなくて、洗濯槽を回転させた時の摩擦の具合によって判断されているらしいのです。
            私はてっきり、重さを測定しているのだとばかり思っていました。が、よく考えれば、水量測定の前に洗濯槽が回転さらに逆回転します。重さを計るのなら、こんな動作は必要ありません。

            溶け残りの原因は、どうやら私が軽い合繊の衣類をまとめて底に置いて、その上に重いマットを入れたところにあったようです。つまり、摩擦の測定が軽い衣類の側に引っ張られてしまったわけです。

                 +++++

            思い返してみると、これまでも「何でこの水量なんだ?」と疑問を感じたことはたびたびありました。
            機械よりも直感が正しかったわけです。

            というわけで、現在は、直感にしたがって水量を調整しています。
            たいていは多めになりますね。
             

            | 紅而遊戯 | その他 | 08:27 | - | trackbacks(0) |
            霧吹き式の噴霧器はダメダメ
            0


              昨晩は寒かったです。
              電気毛布を使ったのですが、温度設定が甘かったですね。もっと高めにすべきでした。特に明け方は。

                   +++++

              先日、除草剤を散布しました。
              我が家には容量4リットルの蓄圧式噴霧器もあるのですが、今回は狭い範囲だったので500mlの霧吹き式を使用しました。
              その時「考えてみれば、なんか理由があって、霧吹き式は使わなくなったんだっけ」みたいな迷いが浮かびましたが。

              使ってみて思い出しました。
              このタイプは寝かせて使うと除草剤を汲み上げることができないのです。
              つまり、高い位置にある雑草に液体を吹き付けることはできるのですが、地表にはびこっている雑草には難しいのです。
              トリガーを引いても「カシュ、カシュ、カシュ」という気の抜けるような音がするばかりで霧が出てきません。霧吹き式噴霧器を一回立てて液体を吸い上げ、また傾けて地表に吹き付けるという面倒な手間が必要になるのです。

              それと、500mlをすべて使い切るには結構指が疲れます。

                   +++++

              さらに付け加えると、霧吹き式はバスタには使えません。100倍に薄めても、なお粘りがあるのか、うまく噴霧できないのです。
              ラウンドアップなら差し障りはないのですけどね。

              というわけで、噴霧器は蓄圧式に限ります。
              しばらく経つと忘れてしまうので、ここに記録しておきます。
               

              | 紅而遊戯 | その他 | 08:29 | - | trackbacks(0) |
              値上げの春
              0


                先月書いた文章を。

                運送業界の人手不足が昨年から騒がれていました。
                私なんかは「だったら運送費を上げればよい」などと考えていましたが、その影響が身近に及んでくると、少しばかり動揺してしまいますね。

                お菓子などは、ドラッグストアで購入するのですが、2月末あたりから「高くなっている」感がありました。
                これまで198円だった目玉商品が228円になっていたり。
                228円が278円になっていたり。

                     +++++

                スーパーで購入する発泡酒(500ml×6)なども、税込で900円台だったサントリーの「頂」が千円台になっていました。(もっとも、これは一時的な値上げでした)
                さすがに千円を超えると購買意欲が萎えますね。
                というわけでもう少し安い「ラガーズハイ」(サッポロ)を買いました。

                どうでもいい話ですけど、私が発泡酒を飲む理由は夜中のトイレ対策のためです。
                焼酎の水割り(コップ1杯)と発泡酒(500ml×1)を晩酌にすると、発泡酒の利尿作用によって余計な水分が就寝前に排出されるのです。
                結果、就寝後にトイレに行く回数が1回で済みます。特に冬は助かりますね。

                 

                | 紅而遊戯 | その他 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
                カメムシの予言的中で大雪に
                0


                  この冬は、日本列島のあちこちで大雪に見舞われました。

                  秋の終わりごろからカメムシ大量発生事件が各地で報告されました。
                  「カメムシが大量発生した年は大雪」という言い伝えがあるので、「もしや」と思っていたら、果たして予言は当たりました。

                       +++++

                  1月の第2週の大雪はひどかったです。
                  東北・北陸で例年の3〜10倍の雪が。
                  あるいは、ふだんはそれほどでもない地域に大雪が。
                  私の地元でも雪が積もるところとそうでないところがあります。
                  積雪地帯ではそれなりの備えがあるのですが、たまにしか降らないところで雪が積もるとこちらのほうが道路状況が剣呑になります。

                   

                  第3週になると一転して気温上昇。3月の気温に。
                  第4週になると、またまた気温降下。
                  東京では24年ぶりの大雪に。

                  25日は東京は48年ぶりの冷え込みに。

                       +++++

                  2月はさらにひどかったです。
                  福井県で37年ぶりの大雪。積雪136センチ超。
                  山形で4メートルの積雪。

                  中旬になると、いきなり気温上昇、3月なみに。
                  いったん冷え込んで26日になると、またまた3月下旬なみの気温に。

                       +++++

                  3月になって「もう大丈夫」と安心していたら下旬に入り、気温が急落。東日本で雪が。
                  27日の今日は、気温が上がって5月なみの暖かさに。

                  何かが狂っていると思いますね。
                  季節がひと月ズレているような気がします。私の感覚では11月ごろから真冬に入ったような。真冬のはずの1月は、穏やかな日々が10日くらいまで続きましたし。かと思えば、急に気温が激変。
                  「温暖化」ではなくて「極端化」しています。

                   

                  | 紅而遊戯 | その他 | 08:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  ノド飴の人工甘味料で腹が
                  0


                    昨日は悲惨な休日でした。

                    まず、前夜から気温が急激に下がったために体調が絶不調でした。
                    就寝中、ノドが痛くてたまらなかったです。
                    朝起きたら、ダルい上に、鼻水と痰が止まらない状態。

                    こういう時はノド飴で苦しみをごまかすことにしています。
                    午前中は、いくつかの種類のノド飴を舐めて過ごしました。
                    その中の一つが某社製ノド飴。これのせいでえらい目に遭いました。
                    袋の半分ばかり食べてから、何の気なしに裏を見ると、「消化されにくい原材料を使用しているので場合によっては一時的にお腹がゆるくなることがあります」と書いてあるのです。
                    これを読んだ時、青天の霹靂的驚愕に襲われましたね。
                    で、その後、トイレに急行せざるを得なくなりました。しかも2回。

                         +++++

                    それは試しに買ってみたノド飴でした。「ノンシュガー」とうたってありませんし、原材料名を見たら、「還元水飴、砂糖、濃縮レモン果汁、はちみつ」と書いてあったので、それだけで安心して購入しました。
                    しかし、袋半分食べた後で気づきましたが、原材料名の一番最後に「甘味料(スクラロース)」と書いてあるではないですか。そして、さらに離れたところにくだんの注意書きが記してあります。

                    「ノンシュガー」と断ってあったら、消化しにくい人工甘味料を使っていると察することができます。それが表示されてなければ、人工甘味料が使われているとは普通は考えないと思いますよ。
                    そもそも、裏面をじっくり読んで購入する人も少ないでしょうし。

                    なんか、ひどい会社だな、と思いました。

                         +++++

                    ちなみに、ふだんは別のノド飴を愛用しています。

                    ひとつは「はちみつとゆず100%のキャンデー」。
                    原材料はこの二つだけです。
                    砂糖を使った飴よりは虫歯になりにくいだろうと勝手に期待しています。

                    もうひとつは「浅田飴 薬用ガードドロップ シュガーレス 青リンゴ味」。
                    こちらは注意書きに「2時間以上の服用間隔をおいてください」と記してあります。
                    ちょっぴり心配になったので電話で問い合わせてみました。
                    すると「2時間というのは殺菌効果のため云々」と教えてくださいました。

                         +++++

                    以前は、鼻水と痰対策にチクナインや去痰カプセルを服用していましたが、けっこう値が張ります。

                    それでノド飴に切り替えたのですが、このことによって気づいたことがあります。
                    鼻水や痰がひどいと言っても、何日も続くわけではありません。気温の変化が原因かもしれませんが、本当に苦しいのは2〜3日というところです。

                    チクナインに頼っていた頃は薬が効いているのだと思っていましたが、ほうっておいてもおさまるものだったのですね。

                     

                    | 紅而遊戯 | その他 | 08:31 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    からくりサーカスがアニメ化
                    0


                      藤田和日郎の名作(?)「からくりサーカス」がアニメ化されるらしいです。

                      かつて私も楽しませてもらった超長編マンガですけど、「アニメ化はいかがなものか」と思いますね。
                      なぜなら、この作品には異様に退屈な部分があるのです。才賀勝が前面に出る場面です。
                      彼とサーカス団が絡む部分が私には無駄としか思えませんでした。単行本で読んでいたので、ここはいつもスッ飛ばしていましたね。

                      主人公の加藤鳴海が魅力的すぎるので、どうしても才賀勝がかすんでしまうのです。

                           +++++

                      それと私としては、終わり方がアレでしたね。「これだけ引っ張っておいて、この終わり方かッ!」と怒ったのを今でも覚えています

                      それでも、この作品は凄いと思いますよ。
                      藤田和日郎の才能と創作エネルギーがあれば多少欠陥があっても名作になってしまうのです。

                           +++++

                      やはり藤田作品の「うしおととら」も過去にアニメ化を果たしました。が、これも私からすると今ひとつでした。
                      時間が存在しない(というよりか、読者が自分で自由に時間を創造できる)漫画という媒体と、時間の中でしか存在できないアニメとでは、受け手が感じる心の動きは全然違うわけです。

                       

                      | 紅而遊戯 | その他 | 08:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      2930     
                      << April 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE