紅而blog

引用は良識を以てお願いいたします。
コメントには、たぶん返事はしないと思います。
私は文章を書くのが異常に遅いので。あしからず。

パソコンの電池交換
0


    当ブログでは、まいどまいど政治ネタが続いています。が、もともとは備忘録を兼ねてのよしなしごとを書き連ねるために開設したブログです。

    というわけで、今回はどうでもいい話題を。

        ++++

    メインで使っているパソコンの時間表示が、起動するたびに狂っているのです。

    内蔵電池の消耗が原因と推測し、これを交換することにしました。

    製造されたのが4年前ですから、そろそろ交換時期でしょう。

        ++++

    パソコンはacerのデスクトップ(acer Aspire X 型番:AXC100-N12D)。

    内心では、「本体を棚から引っ張り出して、背面のコードを抜くのは面倒だな?」と思っていたのですが、いざやってみると、コードを外す必要はありませんでした。
    おかげで簡単に済みました。

    筐体の背面の二箇所のネジを外して、側面の板を外すと、中は埃がたまっていました。
    電池は見えにくいところに発見。
    お約束のリチウム電池CR2032です。

    ドラッグストアに買いに行くと、税別で270円でした。

    部屋に戻ります。
    BIOSのデータが消えないように、コンセントをつなぎます。

    内蔵電池は、なぜか取り出しにくいところに設置してあります。
    マイナスドライバーで側面の止め金を押すと、電池が跳ね上がってくれました。

    これをつまみだして、新しい電池をはめ込みます。止め金が邪魔でなかなか上手く行きません。
    マイナスドライバーで止め金を邪魔にならないように動かします。

    交換完了。

     

    (本当はCPUのシリコングリスもカピカピに乾いていると思うのですが、これを塗り直すのは非常に面倒くさいので、今回は無視します)

         +++++

    それで結局、時間の狂いが直ったかというと「……」なのですよ。

    実はこのパソコン、Windows8.1とPeppermint os 7とのデュアルブート機です。
    時間の狂いはWindows8.1で起動した時にだけ生じる現象なのです。

    電池を交換しても相変わらず時刻の表示が大幅に遅れます。

    原因は電池ではなかったわけです。

    (その後、時刻表示を何とかしようとイロイロ試みたのですが、すべて徒労に終わりました。Windows8.1のトラブルは素人の手に負えないところにあります。これが私がLinux系OSに乗り換えた最大の理由です)
     

    | 紅而遊戯 | その他 | 08:35 | comments(0) | trackbacks(0) |
    パソコンが直った?
    0


      昨日の記事で、「パソコンが壊れた」旨をお伝えしましたが、直りました。
      正確に言うと、パソコン本体(acerのデスクトップ)は壊れていませんでした。

      BIOSをちょっといじっただけで簡単に復旧しました。

      参考までに言うと、次のとおりです。

      電源投入後、Deleteキーを数回押す
             ↓
      BIOS画面の中からBootタブを選択
             ↓
      Boot Priority Orderの順位を変更
      SDカードにインストールしてあるPeppermint os 7とのデュアルブートにしてあるので、内蔵HDDに入っているWindows8.1を1stに設定
             ↓
      F10キーを押し、Yesの意味でEnterキーを押す

      これでWindows8.1は起動しました。

      「やれやれ」と思い、同じ過程を辿ってPeppermintを起動しようとしたら、これができないのです。
      画面が真っ暗なまま、ビープ音が鳴り続けるのです。(つまり、昨日と同じ状態なわけです)

      困りました。
      Peppermintは何かと使いやすいので、今ではこれしか使っていませんでしたから。
      Windows8.1は不便なんですよね。いろんな面で。

           +++++

      その後、Peppermintが入ったSDカードを使って、NECのノートパソコンで起動するか試したところ、2回目に成功しました。
      SDカードは壊れていないみたいです。

      前回、雷が今回の不調の原因のように書きましたが、だとしたらPeppermintだけがおかしくなった理由が分かりません。
      (同じ延長コンセントにつないでいたもう一つのパソコンは無事でした。ちなみに、この延長コンセントのスイッチは切ってありました。また部屋のエアコンも無事でした)

      ちなみに、再度、acerのデスクトップにPeppermintが入ったSDカードを挿して、前述のようにBIOSをいじったところ、時間はかかりましたが起動に成功しました。

      結局なんだったんでしょうね?
       

      | 紅而遊戯 | その他 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
      パソコンが壊れた?
      0

        メインのパソコン(acerのデスクトップ)が壊れたもようです。

        朝、電源ボタンを押したら、画面にメーカー名の表示は出るものの、その後は激しいビープ音が鳴るばかり。

        真夜中に雷鳴が何度も轟いていたので、その影響かもしれません。

         

        でも、この文章を書いているサブのパソコンが無事なのは腑に落ちません。

        同じコンセントにつないでいたのですから。

         

        というわけで、明日からの更新がどうなるか分かりません。

        あしからず。

         

        | 紅而遊戯 | その他 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
        少年ジャンプ200万部割れ
        0


          朝日の記事によると、週刊少年漫画誌の発行部数は
          ジャンプが191万5千部
          マガジンが96万4千部
          サンデーが31万9千部
          とのことです。
          (あくまでも「発行」部数です。「実売」部数はもっとひどいでしょう)

          どこも、年を追って部数を減らしています。

          今回は雑誌漫画の衰退について、思いつくことを並べてみました。

               +++++

          朝日新聞デジタル
          「週刊少年ジャンプ」、40年ぶりの200万部割れ
          塩原賢 2017年5月16日17時34分
          人気マンガ誌「週刊少年ジャンプ」(集英社)の1〜3月の平均発行部数が191万5千部だったことが分かった。日本雑誌協会が16日に発表した。200万部割れは、1977年に突破して以来初めて。

           集英社によると、同誌は68年に月2回刊で創刊し、翌年から週刊になった。94年には653万部を記録しており、当時から3分の1以下に減少した。昨年は、40年続いた「こちら葛飾区亀有公園前派出所」や「BLEACH」などの人気作が最終回を迎えていた。

           同協会によると、「週刊少年マガジン」(講談社)は96万4千部、「週刊少年サンデー」(小学館)は31万9千部だった。
          (塩原賢)』

               +++++

          当然といえば当然ですよね。
          無理に無理を重ねてきた漫画業界ですが、ついに限界が来たようです。

          かなり昔から、出版社は漫画雑誌で儲けるのではなく、単行本で利益を出すようになっていました。
          すなわち、雑誌で毎回読んで面白い作品よりも、単行本でまとめて読まれる作品が「商業出版社として重要な作品」になります。

          となると、漫画家のほうも、単行本が売れることを目指して漫画を生産することになります。
          (そもそも三誌とも価格は二百数十円ですから。雑誌の原稿料を上げるわけにはいかないのでしょう)

          そうなると週刊漫画誌に毎回毎回載る内容はどうしても薄くなります。

               +++++

          単行本で利益を出すとなると、狙う読者層は金を持っている層ですよね。

          必然的に小学生以下は除外されます。

          何年前だったか、たしか少年マガジンのWEBサイトに
          「ウチの雑誌は小学生読者を眼中に入れていません」
          みたいなことが書いてありました。

          当時は、こんなことを書いていいのかと思いましたが、今になって考えると、商売としてはまっとうな発言であったことに気づきます。
          小学生のお小遣いなんか、たかが知れていますから。

          でも、子どもって面白いものに貪欲だし、敏感なんですよね。
          ブームなどは案外、子どもから始まって上の年齢層に伝播しますから。
          そんな子どもたちを排除した結果、漫画は、何か胸ときめかせるもののない代物になってしまった気がします。

               +++++

          私が小学生だったころ、本屋の漫画誌売り場には立ち読みの子どもたちがたかっていました。

          ところが今は……。

          たまに行く本屋なんですが、そこでは漫画誌を紐で括らずに置いてあります。
          立ち読みができるわけですが、漫画誌を読みふけっているのは大人ばかりです。
          なかには白髪まじりのオッサンもいます。
          子連れの、父親の方が立ち読みに熱心で、子どもの方はというと、所在なげに突っ立っていることさえありました。

          雑誌の方は既に子どもに見放されているということです。
          (併設の新古書コーナーでは、子どもたちが漫画単行本を読んでいました)

               +++++

          大人の読者は、お気に入り作品の連載終了を機に、漫画誌から離れます。
          怖いのは、離れていく時に友達も引っ張って行くところにあります。
          「お前、まだ漫画なんか読んでんの?」と。

          年長の読者が退場する代わりに年少の読者が流入すればいいのですが、前に述べたように、漫画誌は子どもには魅力のないものになっています。

          となると、必然的に先細りになります。

          こんな業界に才能のある若い人は集まらないでしょう。

               +++++

          果たして、漫画雑誌がこれからどこまで落ちるのか?

          最初に週刊漫画から撤退するのはどこなのか?
          (私は「少年サンデー」だと思います)

          今後の展開から目が離せません。
           

          | 紅而遊戯 | その他 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
          HDDが壊れた!?
          0


            4月下旬のことです。
            パソコンのHDDがおかしくなりました。

            起動後しばらくすると突然、画面に異変が生じ、マウスの操作もキーを押しても反応がなくなるのです。

            思い返せば、このHDDはジャンク品のノートパソコンから抜き取って、3年近く使っていたものです。
            HDDケースに入れて、無料OSのUbuntu14.04をインストールして、USB起動させてこれまで使用していたのですが、ついに寿命が来たのかもしれません。

            仕方ありませんね。3500円のジャンクPCに内蔵されていたHDDですから。
            (購入した時点でキーがかなりすり減っていましたから、前の持ち主が使い倒した品だったのかもしれません)

              ◇

            実は、数日前から前兆がありました。

            Firefox(Webブラウザ)を使っていると、画面が落ちることが何度かありました。
            再起動をかけると正常に動くので、不具合はFirefoxにあると思っていました。

            それでも嫌な予感がしたので、HDDが本格的に壊れる前日に、16GBのSDHCカードにやはりLinux系の無料OSをインストールしておきました。
            (余談ですが、このパソコンのSDカードスロットからLinux系OSが起動できることを、つい数日前に偶然知りました。3年使っていて、まったく気づきませんでした。なぜなら、Ubuntu14.04を使っているときに、このカードスロットにSDカードを挿しても、まったく反応しなかったのですから)

            ホント、運が良かったです。

            おかげで、ブログの更新を途切れさせずに済みました。

              ◇

            さらに幸いなことに、データのほとんどは、別のHDD(もとからパソコンに内蔵されているHDD)に保存してありました。

            つまり、Ubuntu14.04が入ったUSB接続のHDDと内蔵HDDを役割を分けて使っていたということです。
            (正確に言うと、内蔵HDDにはWindows8.1がインストールされていますが、こちらはたまにしか使っていませんでした)

            だから、ブログの下書きなども無事でした。

              ◇

            もっとも、壊れたHDDにも、ごくわずかですがデータを納めてあったのですが、本当に幸運な偶然で、本格的に動かなく直前に、別のパソコンにこれを移しました。

            これは全くの偶然なんですよね。
            なにしろ、ここまで急速にHDDの具合がおかしくなるとは思っていませんでしたから。

              ◇

            今回の事件で、備えあれば憂いなし、という言葉を実感できました。
             

            | 紅而遊戯 | その他 | 09:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
            どうでもいい雑草の話
            0


              このところ、政治の話題が続いていましたが、そもそも当ブログは日常のよしなしごとなども書き留めるために開設されたものです。

              というわけで、今回は多くの人にとってはどうでもいいことを。

                   +++++

              まだ5月だというのに、日本各地では7月の気温になりました。
              東日本では真夏日になったところもありました。
              当地も暑かったです。

              私はこの炎天下のなか、雑草と戦っていました。

                   +++++

              一番楽なのは除草剤を散布すること。
              4リットル入りの噴霧器を使えば、結構な広さの雑草を枯らすことができます。
              (準備と手入れが面倒ですが)

              我が家ではラウンドアップを使っています。
              根っこまで枯らすので、スギナみたいに地下茎を張り巡らせるような雑草には便利です。

              でも、場所によっては除草剤を使いたくないところもあります。畑みたいに食べ物を作る所などがそうですね。

                   +++++

              鎌で刈るという方法もあります。
              けれども、あれは、ヨモギのような茎がある草だと薙いだだけで刈れるのですが、腰の柔らかな、葉っぱだけの雑草だと結構面倒です。

              片方で草の束を掴み、もう片方で鎌を引くことになるわけですが、これだと疲れることこの上ないのです。

                   +++++

              このような、刃から逃げてしまうような柔らかな雑草は刈込鋏で根本から切ると上手くいきます。
              (刈込鋏とは、植木職人さんが使うような柄の長いハサミです)

              しかし、これで広い範囲の草を刈るのは現実的ではありません。

                   +++++

              草刈機を使うと短時間で広範囲の雑草を刈れると思うのですが、私は使ったことがありません。
              ネットで検索すると草刈機での悲惨な農業事故がアレコレ出てきますから。

              あの、高速で回転する円盤状の刃が古釘を引っ掛けて、飛ばしでもしたら、長靴なんか簡単に貫通します。

              草刈機が怖いのは、砂利が目を直撃することです。
              実家の農作業をしていて失明なんて、絶対に避けたいです。
              (一説によると農業事故は工場の事故よりも多いとか。理由は、単独作業なので、誰も注意してくれないから)
               

              | 紅而遊戯 | その他 | 08:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
              WindowsXPをネットに?
              0


                世界中が被害を受けた(北朝鮮が絡んでいるという噂の)サイバー攻撃。


                テレビや新聞では何故かはっきり言ってませんが、多くのWindowsXPパソコンがウイルスに降参したみたいです。

                 

                イギリスでは公共機関でも未だにWindowsXPを使っている所が多いらしく、今回のサイバー攻撃で病院が機能停止してしまったなど、シャレにならない被害が生じました。

                     :::::

                WindowsXPを使うのは構わないのですよ。
                実際私もWindowsXPパソコンを2台使っていますから。

                (1台は動画再生専用機、もう1台はグラフィックソフト専用機として使っています)

                でも、ネットには絶対に接続しません。サポートが終了していますからね。

                しかし、世の中に、WindowsXPをネットにつなげている人が存在したとは……。
                まさに自殺行為です。

                     :::::

                今回の事件ではマイクロソフト社が驚いたそうです。いまだにWindowsXPを使っている人間が多くいることに。

                マイクロソフトとしては、古いOSは捨てて新しいOSに切り替えて欲しいのでしょう。
                けれども、後継OSは操作性が悪すぎます。
                (Windows7は使いやすいのですが、Windows8と8.1は最悪です)

                     :::::

                どうしてもWindowsXPを使いつづけたいなら、Linux系の無料OSとのデュアルブートPCにするという選択肢もあります。

                この場合、最も安心なのはUSBメモリや外付けHDDにLinux系OSをブートローダごとインストールするやり方です。(もちろん、USB起動ができるパソコンであることが前提です)
                ネットに接続する時だけこちらを使うわけです。

                しかし、これはこれで結構面倒だったりします。
                不具合が生じる確率もWindowsパソコンよりも多いですし。
                やはり安定性の点ではWindowsに劣りますね。(何と言ってもタダのOSですから)

                パソコンは便利ですが、厄介でもあります。

                | 紅而遊戯 | その他 | 08:17 | comments(0) | trackbacks(0) |
                異常な暴風、ほか
                0

                  昨日、当地では、短い間でしたが、尋常でない強風が吹き荒れました。

                  窓から向かいの家を眺めていたら、外壁のベニヤ板が暴風にはがされ、紙のように吹き飛ばされるではありませんか。

                  道路際に置いてある重しを付けた立て札なんかも、風にいいように弄ばれていました。

                  「竜巻でも起きたのか?」と心中ひそかにおののいていました。

                  そして、今朝、たまたま近所の神社にお参りに行くと、強風に落とされたであろう枝が境内に散らばっていました。

                  なかには、直径十数センチはある、枝なのか幹の一部なのか判別しがたいものが、裂け目も白く、地面に横たわっていました。
                  こんなものが頭を直撃したら大けがをしますね。

                    ◇

                  話は変わりますが、今朝なんとなくテレビを見ていたら、テレビショッピングに井筒和幸らしき人物が出演していました。

                  3人の女優に混じって、通販商品に、「ヘー」とか「ホー」とか驚く役でした。

                  女優さんたちは、それなりに自然に明るく驚いてみせていましたが、井筒和幸はダメでしたね。
                  まるっきり場違いでした。

                  ちょっと前まではNHKで彼の姿をチラホラ見かけたんですが、今ではテレビショピングですか。

                  彼の思想はまったく受け付けられないのですが、何かしら寂寞を感じました。

                  | 紅而遊戯 | その他 | 07:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  尖閣を実効支配しているのは?
                  0


                    朝日新聞の紙版が、本当に小さく、目立たないところに載せていた記事です。



                    朝日新聞デジタル
                    中国公船4隻、尖閣諸島近くに侵入 全て退出
                    2017年4月24日16時58分
                    24日午前10時20分すぎ、沖縄県・尖閣諸島の魚釣島沖で中国海警局所属の公船「海警」4隻が日本の領海に侵入した。海上保安庁の巡視船が退去を求め、正午ごろまでに全て退出した。



                    中国側からすれば、こういうことになります。
                    「日本が勝手に尖閣諸島の領有権を主張しているが、それが嘘なのは明らかだ。我々が自由に航行できていることが動かぬ証拠だ。そもそも日本のマスコミはこのことについて問題にしないではないか。それは尖閣諸島が日本の領土でないことを心中で認めているからだ」



                     

                    | 紅而遊戯 | その他 | 08:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    奇跡の稀勢の里優勝
                    0
                      大相撲春場所で稀勢の里が優勝しました。
                      この日、本割と優勝決定戦の二回、照ノ富士を制しました。
                      日馬富士戦で傷めた左腕をかばっての快挙で、ほとんど誰も予期していなかった優勝でした。

                      私なんぞも、「ケガでどうせ勝てないんだから、休場にして、来場所のために養生すればいいのに」なんて考えていたクチでした。が、稀勢の里は私の思惑なんぞはるかに超える器の持ち主でした。

                        ◇

                      思えば、優勝決定戦直前の稀勢の里は、異様に落ち着き払っていたのが不思議です。「なんか、仏像みたいだな」と、揶揄でも何でもなく、奈良の大仏様を重ねあわせてしまいました。

                      対する照ノ富士の様子は仁王のごとき闘気を醸し出していました。ムダに力んでいるようにも見えました。

                      このあたりの違いに勝敗の分かれ目があるような気がします。

                        ◇

                      公平に言うと、照ノ富士も左膝を傷めていました。
                      (さらに言ってしまうと、ケガをしていない力士はいないそうです)

                      それに、照ノ富士は琴奨菊戦での変化で大ブーイングを浴びてしまいましたから、それが心にしこっていたのかもしれません。

                      加えて、相手は久々の日本人横綱でファンの期待が尋常ではなく、おまけに悲劇的なケガまで負っている。これって、かえって、戦いにくいみたいですね。
                      前日に稀勢の里と対戦した鶴竜がボヤいていたらしいです。「これほど戦いにくい相手はいない」と。

                        ◇

                      いや〜、ホント、勝負の世界って何が起きるか分かりませんね。
                      | 紅而遊戯 | その他 | 08:44 | comments(0) | trackbacks(0) |
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << July 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE