紅而blog

Comments are not accepted. Display only last two years articles.
コメントはしばらく受け付けないことにしました。直近2年の記事のみ表示。
過去の漫画作品は本館サイトに→ http://webmanga.lolipop.jp/kako.html
美人作家盗作疑惑と出版業界の闇
0


    芥川賞候補作に盗作疑惑がかかっています。
    北条裕子の「美しい顔」。

    小説家わかつきひかるのブログ 2018.07.03
    芥川賞候補作で盗作疑惑が起こっています。
    https://plaza.rakuten.co.jp/wakatukihikaru/diary/201807030001/


    版元の講談社は、この疑惑を強気で否定しています。

         +++++

    ここからはあくまで一般論です。

    小説家ないしは漫画家志望者の中には、作品を書くということは、既存の作品から切り貼りすることだと疑わない人がいます。
    昔、漫画作品でも問題になったことがありましたよね。新人の読み切り一本がまるごと他作品からの忠実なパクリだったことが。(この事件も確か版元は……)

    剽窃の有無をチェックするのが編集者ではないかと普通は考えますが、ところが……。
    編集者の方がパクr……、オッと失礼! サンプリングをサジェストする場合もままあるそうです。
    「0から作品を創るよりも、すでに完成したものを下敷きにした方が合理的かつ効率的ではないか」と頭のいい人なら考えるでしょう。
    編集者だから良識がある、というわけでもありませんし。

    そもそも、小説といっても、必ずしもその作家が書いたとは限りません。
    編集者が原稿に大幅に手を加えて、やっと文学賞をもらえるレベルになる、みたいな話を昔聞いたことがあります。

    以上、一般論および噂話でした。

         +++++

    今回の事件の真相はどこにあるのでしょうか。
    版元は何かと事件を起こす、あの会社ですし。
    今後の展開が楽しみです。
     

    | 紅而遊戯 | その他 | 08:47 | - | trackbacks(0) |
    異常な気候の6月
    0


      6月は5月よりも涼しい妙な季節でしたが(というより、5月が6月よりも暑かった異常な月でしたが)、下旬になって夏に急変しました。

      22日は夏日。夜、ひさびさにエアコンの冷房を使いました。
      前日までは結構涼しい日が続いていたのですけどね。

      23日は雨のせいで、一転して気温が下がりました。前日比で7℃!
      フリースのベストを洗わないでおいてよかったです。

      そこから、またまた気温が急上昇
      睡眠が十分でない日が続きました。
      (28日夜は室温32℃)

      と思ったら29日夕方に一時的な豪雨。これで気温が下がりました。
       

      | 紅而遊戯 | その他 | 08:29 | - | trackbacks(0) |
      賞味期限が切れても
      0


        以下は、たぶん2017年の1月ごろに書いた文章です。

        先日、実家の棚を漁っていたら、レトルトカレーを発見しました。
        「賞味期限:2015/07/31」と書いてありましたか。
        一年半前に賞味期限が切れたレトルトカレー。
        これが消「費」期限であったなら、迷わず廃棄するところですが……。

        というわけで、思い切って温めて食べてみたら、別に何ともなかったです。

             +++++

        ちなみに、やはり賞味期限が1年前だったか、それ以上前だったかに切れたマヨネーズを見つけたこともあります。

        外見上は何ら異常はありませんでした。

        こちらも、食べてみて何ともなかったですね。

             +++++

        冷凍庫で2か月間入れっぱなしの食パン。
        水分がただ凍るだけでなく、すべてパンの外に出て、ビニールの袋の間でシャーベット状になっていました。

        こちらも、焼いたら何とか食べられました。
        別に健康上、何の害もありませんでした。

        しかし、味は悪かったですね。
         

        | 紅而遊戯 | その他 | 08:50 | - | trackbacks(0) |
        PeppermintでFDDを使う
        0


          富士通のノートPCにLinux系の無料OS、Peppermint 7を入れています。
          このパソコン、かなり年代物で、FDDを内蔵しています。
          ちなみにFDDとはフロッピー・ディスク・ドライブのことです。今時の若い人は見たことがないかもしれません。

          で、このノートPCにフロッピー・ディスクを挿入すれば、ファイルを読み出すことができます。が、逆はできません。
          つまり書き込みができないのです。

          だからUSBメモリの文書ファイルをフロッピー・ディスクにコピーできません。あるいは、エディタで作成した文書ファイルをフロッピー・ディスクに保存することもできません。

               +++++

          実は、私は、ワープロ専用機を未だ所有しておりまして。2〜3ページほどの印刷ならこれで済ましているのです。

          そのため、USBメモリからフロッピー・ディスクに文書ファイルを受け渡しできないと困るわけです。

          それで、やむなく、この時だけはPuppy linuxでCD-Rで起動します。これだと、何故かFDDが読み書きとも使えるのです。

               +++++

          しかし、たまにとは言え、フロッピー・ディスクに文書を移動するためだけに、わざわざCD-Rを挿して、Puppyを起動するのは面倒です。
          そこで、PeppermintのままでFDDに書き込みができないか、いろいろ調べました。
          かなりの日時を費やしましたが徒労に終わりました。

          が……。
          たまたま簡単な方法を発見しました。正直な話、「何で気づかなかったの?」と自分を責めたくなるような何でもない方法でした。
          これです。

          ・フロッピー・ディスクを使用可能にする。
          ・ウィンドウ内の何もない所を右クリック。
          ・「rootとして開く」を選んで、パスワードを入力。

          すると、別のウィンドウが開きます。
          この中からファイルを開き、エディター上の文章を「Delete」で消してから、保存したい文書を貼り付けるなり、打ち込むなりします。そして文字コードを「CP932」に変えて「別名で保存」するわけです。
          面倒ですが、今のところこれしか有効な手段がありません。

          Linux系のOSはこういうところが厄介です。

               +++++

          ついでにワープロ専用機についても触れておきましょう。
          私が所有しているのは富士通のOASYS。十数年前に買った代物です。(もしかしたら二十年以上昔かも)

          これが便利なのは、感熱紙に印字できることです。つまりインクリボンがなくても何とかなるのです。
          すでに内蔵電池も切れたポンコツですが、それでも2〜3枚くらいの印刷なら、じゅうぶん間に合います。

           

          | 紅而遊戯 | その他 | 08:59 | - | trackbacks(0) |
          梅雨の晴れ間にジャガイモを
          0


            土曜日はジャガイモを掘り出しました。と言っても、わずか3株分だけ。
            実は梅雨入り直前に全体の5分の2ほどすでに掘り出たのです。が、まだ葉が青々している株は残しておきました。

            土曜は、深夜は土砂降りだったのものの、朝早くにはすでに雨が上がり、その後は晴天でした。
            というわけで葉が黄色くなり始めた、くだんの3株を収穫することにしました。

            収穫方法は簡単です。
            イモが出来たであろう所よりもかなり下にスコップを深く差し込み、テコの原理を利用して土を押し上げます。要するに、イモの周りの土をほぐすわけです。そして茎をつかんでイモを引っこ抜きます。
            ひとつか二つ、土に残ることもありますが、このやり方が最も手間がかかりません。

            ちなみに、去年までは、あらかじめ邪魔な茎を切っておいて、スコップで掘り出していました。
            このやり方だと、「イモを真っ二つ」にすることが多々ありました。

                 +++++

            ジャガイモの収穫は、晴天が2〜3日続いた、土が乾いた時が望ましいです。
            けれども、梅雨に入ってしまったら、いつ晴れ間が続くかなんて予想できません。
            それで土曜に掘り出したわけです。

            イモはそのまま畑にころがして、日光で乾かしました。「どうか腐りませんように」と祈りを込めながら。

                 +++++

            以前は親に指定された日に、何も考えずにいっせいに掘り起こしていました。が、自分で種芋を植えて、追肥して、土寄せをして、毎日葉の色を眺めていると、同じ掘り出す作業でも、日をズラすなどの知恵を働かせることができるようになりました。

            自分でやってみるというのはこういうことですね。
             

            | 紅而遊戯 | その他 | 08:38 | - | trackbacks(0) |
            早朝の草刈機は安眠妨害では
            0


              最近、どれだけ寝ても寝足りないのですね。
              以前は、今の季節だと、朝の3時とか4時に目が覚めてしまうことが多かったのですけど。

              それでも昨日の日曜はいつもどおり5時52分に起きました。
              そして顔を洗ったりしていると、どこからか草刈機(刈払機)の音が聞こえてきました。
              休日の朝早くからこの騒音は、近所迷惑でしかないと思うのですけどね。

                   +++++

              実家が草刈機を新調しました。
              私は除草剤派なので草刈機は使わないのですが、母親はなぜか草刈機に固執するのです。どうやら「除草剤=毒」と思い込んでいるようです。

              で、新しく買ったのはナイロンコード式です。
              これを使うと雑草の根元まできれいに刈れるみたいですね。
              草刈機が盛大な騒音を撒き散らして雑草を刈った裏庭なんか、ほとんど土がむき出しになっていましたから。

                   +++++

              それでも私は草刈機は使いたくありません。
              アレって危険ですよね。
              草刈機の事故は多いですから。
              指を切断したり、失明したり。
              だから、道端で草刈機を使用している場面に出くわした場合は、わざわざ遠回りしたりしています。
               

              | 紅而遊戯 | その他 | 08:35 | - | trackbacks(0) |
              「別冊 花とゆめ」が休刊
              0


                マンガ業界の先行きが怪しい、と言われたはじめたのは20年も前からです。
                最近は目に見えて衰退が明らかになってきました。

                実際、近所の本屋に行っても、漫画雑誌売り場にはほとんど客がいませんからね。
                漫画雑誌を立ち読みしているのは、ほとんど大人です。
                こんなところからもマンガの衰退が分かります。

                     +++++

                朝日新聞デジタル
                「別冊花とゆめ」休刊 連載作品に「ガラスの仮面」など
                2018年5月26日17時33分
                『白泉社の「別冊花とゆめ」編集部は、26日発売の同誌7月号で、今号で休刊することを発表した。

                 7月号の最後に「休刊のお知らせ」を掲載し、「別花(べつはな)の作品を愛し、応援してくださった読者の皆様に心より感謝申し上げます」と記した。

                 同誌は1977年創刊。「ガラスの仮面」「パタリロ!」「翔(と)んで埼玉」などが連載されてきた。連載中の作品については、同社が運営する漫画アプリや、ウェブコミック誌などに移るという。日本雑誌協会によると、2017年10〜12月の平均発行部数は約3万2千部だった。』

                     +++++

                休刊というのは業界用語です。事実は、「別冊 花とゆめ」が潰れたということです。

                発行部数3万部ということは販売部数はもっと下ですよね。
                つまり、雑誌だけではまったくの赤字なわけです。
                このあたりの事情は他誌も同じでしょう。

                売れないのに、漫画雑誌はなんのために存在しているかというと、単行本にする漫画を描かせるための締切設定装置なわけです。

                つまり、単行本の売上で、雑誌の赤字を埋めるわけです。
                その頼みのツナの単行本が売れなくなったのでしょうね。
                (以上、あくまで推測です)

                     +++++

                それにしても『ガラスの仮面』。まだ連載していたのですね。
                「別冊花とゆめ」はこれをもっと早く何とかすべきでしたね。

                     +++++

                おまけです。
                パソコンに放り込んでおいた昔のデータを。

                月刊『創』05年6月号
                マンガ特集
                「日本マンガはどこへ行く」
                別冊 花とゆめ……11万部
                ちなみに。
                週刊少年ジャンプが299万部
                週刊少年マガジンが272万部


                月刊『創』06年6月号
                マンガはどこへ行く
                大手3社の主要コミック誌(04年9月〜05年8月の平均発行部数)
                別冊 花とゆめ……9.4万部
                ちなみに。
                週刊少年ジャンプが295.3万部
                週刊少年マガジンが236.5万部

                     +++++

                「別冊 花とゆめ」は十年ちょっと前から部数が1/3に減ったわけです。

                ジャンプも部数を減らしていますが、マガジンの落ち方が凄まじいです。

                紙のマンガの将来は暗い。

                     +++++

                と、ここまで書いたところで「YOU」と「月刊バーズ」も消えることに。

                朝日新聞デジタル
                女性漫画雑誌「YOU」休刊へ 「ごくせん」など掲載
                2018年5月30日13時27分
                『集英社は30日、大人向け女性漫画雑誌「YOU」を部数の低下のため、10月15日発売の11月号で休刊すると発表した。

                 同誌は1980年、「月刊セブンティーン」の増刊として創刊され、82年7月に月刊化。テレビドラマ化もされた「ごくせん」や「ダメな私に恋してください」などが掲載されてきた。

                 集英社は、デジタル化や雑誌離れの影響としている。現在の部数は約7万6千部。連載中の作品の掲載方法などは今後、発表するという。日本雑誌協会によると、2008年4〜6月の同誌の平均発行部数は18万8333部だった。

                 また、幻冬舎コミックスも同日、漫画誌「月刊バーズ」を、6月30日発売の8月号で休刊すると公式サイトなどで発表した。

                 86年に創刊され、誌名や出版社を変えたが、発行は続き、「Rozen Maiden」などの作品が掲載されてきた。現在の連載作品は媒体を変え、今後も掲載していくという。』

                     +++++

                ついでにもう一つ。これもパソコンに突っ込んでおいた十年前の記事を。

                朝日新聞 2006年1月4日
                『連続もの低迷
                 「たが」が外れたように、マンガ雑誌の部数減が止まらない。
                 94年に史上最高の653万部を誇った集英社「週刊少年ジャンプ」は00年ごろに400万部を割り、05年末は291万部。97年に445万部でジャンプから首位を奪い取った講談社「週刊少年マガジン」は226万部に。80年代は200万部台だった小学館「週刊少年サンデー」は、現在100万部余りの刷り部数だが、実売は05年に100万部を切っている。
                 日本雑誌協会発行の「マガジンデータ」の04年版と05年版を比較すると、月刊誌も青年誌も、ほとんどが部数を減らしている。
                 だが、ジャンプ連載作品の単行本の売れ行きは「全盛期」に引けを取らない。集英社全体の年間マンガ単行本売上高(04年6月〜05年5月)は、478億円で過去最高だ。講談社、小学館の単行本売上げ前年度比プラス。それでも「雑誌離れ」が進む。
                     *    *
                 「理由はいろいろ考えられる」とジャンプの茨木政彦編集長。「まず、話が複雑化し、単行本で通して読まないと分かりづらい。伏線をいろいろ張ったりするので、毎週毎週ヤマと引きを作るのが難しい」
                 マガジンの森田浩章編集長も、「でも単行本読者には作り込んだ話でないと物足りない」と話す。
                 ほかの理由は、好きなもの以外読みたくないという読者の志向、コンビニでの立ち読み、携帯電話やゲームに時間やお金を奪われる――など。茨木、森田、サンデーの林正人編集長も、ほぼ同じ認識だ。(小原篤)』
                 

                | 紅而遊戯 | その他 | 08:34 | - | trackbacks(0) |
                ウリハムシがキュウリを殺す
                0


                  4月の21日にキュウリの苗を5株植えました。
                  そして、行灯(あんどん)という、上部を開けたビニールのカバーをしました。
                  しかし、5株のうち2株がウリハムシに食い荒らされました。結果、萎れてほとんど消滅。

                  ちなみにウリハムシとは、米粒より大きく、アズキよりは小さなオレンジ色の虫です。
                  こいつがなぜか東側の2株に集中攻撃をかけて、ダメにしてしまいました。

                  私は残った3株だけでも構わないのですが、母親が新たに2株の苗を買ってきました。
                  そこで、今月11日にその2株を植えました。

                       +++++

                  翌日。
                  行灯をほどこしたものの、その2株は見事にウリハムシに食い荒らされていました。
                  片方は本当にボロボロにされていました。
                  「これは枯れるだろうな」と確信しましたが、放っておくわけにはいきません。

                  で、次の日に防虫ネットでまるごと覆いました。
                  ウリハムシは完全には防げないものの、最悪の事態は回避できました。

                  くだんの「枯れるだろうな」と思った株も、てっぺん部分にだけ葉をつけて、健気に背を伸ばしています。
                  植物の生命力に脱帽。

                       +++++

                  ちなみに「ウリハムシはネギの匂いを嫌う」という説。これは信用できません。ネギを置いてもウリハムシはたかってきます。

                       +++++

                  それにしても、一日でボロボロにされた苗を発見した時はショックでした。
                  この時以来、ウリハムシは敵になりました。
                  かといって農薬を使うということはしませんね。アレはアレで手間がかかりますから。
                  家庭菜園もどきだから無農薬で何とかやっていけますが、本式の農家なら殺虫剤を葉にベットリ散布せざるを得ないでしょうね。
                   

                  | 紅而遊戯 | その他 | 08:37 | - | trackbacks(0) |
                  狂った天候、気温が激変
                  0


                    おとといは、夜の室温が29度でした。
                    昨日はそれが一転して21度にまで下がりました。
                    まさに気温差が一日で8度。

                    おとといは、Tシャツ一枚ですごせましたが、昨日は長袖のシャッツでも冷えを感じました。

                    金沢などは前日との気温差が17度だったそうです。

                         +++++

                    激しい気温の変化。
                    昨晩は長袖のフリースを着たまま就寝しましたからね。
                    私などは、体調が絶不調であります。意識朦朧状態。
                    ほかの人は平気なんでしょうか?

                         +++++

                    気温が激変する傾向はかなり前から続いていますが、最近とみに激しさの度合いが増したような気がします。
                     

                    | 紅而遊戯 | その他 | 08:22 | - | trackbacks(0) |
                    昨夜はじめて冷房を入れた
                    0


                      昨日も暑かったです。
                      夜の室温が29度でした。
                      というわけで、エアコンを今季はじめて使いました。5月なのに。

                      それでいったんは眠れたものの、真夜中の2時すぎに暑さで目が覚めました。で、しかたなく冷房を入れました。1時間のタイマーで切るようにして。

                      なんか、季節が狂ってますよね。

                           +++++

                      と、これだけでは寂しいので、「正しい歴史認識〜」さんのところから拾ったネタを。

                      正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
                      NHK嘘翻訳「日本は韓国に侵攻」!下町ツアー伊藤薫も嘘説明「日本軍も支那や東南アジアを侵略」 (05/17)
                      http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7083.html

                      もう、病んでいるレベルですね。NHKは。

                           +++++

                      先週の土曜日だったか、NHKの朝のニュースで薩摩焼を取り上げていました。
                      パネルに「韓国併合」と書かれていたので嫌な予感がしましたが、案の定的中しました。
                      「韓国併合で、差別があって、陶工が少なくなりました」的なことを男性キャスターが言っていました。

                      こういうことをやらないと気がすまないのですね。
                       

                      | 紅而遊戯 | その他 | 08:18 | - | trackbacks(0) |
                      1234567
                      891011121314
                      15161718192021
                      22232425262728
                      293031    
                      << July 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE