紅而blog

備忘録を兼ねた、よしなしごとを綴るブログです。
コメントの返事は期待しないでください。
あしからず。

日馬富士騒動に思う
0


    日馬富士による貴ノ岩暴行事件。
    昨日の夜7時のNHKニュースでも冒頭で取り上げていました。
    でも、この事件、ここまで大騒ぎするほどのものでしょうか?

         +++++

    メディアの報道は、最初は
    「説教の途中でスマホが鳴ったので、それに出た貴ノ岩に激高した日馬富士がビール瓶でぶん殴った。その後も怒りはおさまらず、馬乗りになって暴行した。結果、貴ノ岩は頭蓋骨骨折」というものでした。

    それが、だんだん内容が変わって
    「説教のさなかにかかわらず貴ノ岩はスマホをいじり続けた。日馬富士はビール瓶を振り上げたものの、それで殴ってはいない。貴ノ岩の頭蓋骨骨折もあやしい」みたいな話になりました。

    しかも、裏には理事の地位を巡る確執があるとか……。

    それでも、この事件を冒頭に持ってきて、それなりに時間を割いて連日報道する価値があるのでしょうか? NHK様。

         +++++

    ……と、ここまで書いたところで、今度は貴ノ岩にも暴行疑惑が。
    彼が同じモンゴル出身の力士を殴打したことが日馬富士の知るところとなり、それが今回の事件につながったというのがそれです。

         +++++

    そもそも、マスメディアって暴力等についてそれほど潔癖な社会なんでしょうか。

    NHK山形放送局の連続強姦記者が起こした事件については、申し訳程度に報道したくらいで、現在は存在しなかったことにされています。

    次の事件もチョコチョコッと報じただけでした。
    社外の人間に対する暴行事件でしたけど。

    朝日新聞デジタル
    運転手への傷害容疑、NHK職員書類送検 「西郷どん」担当外れる
    2017年6月29日05時00分
    路上でトラブルになったタクシー運転手に大けがを負わせたとして、警視庁は28日、NHK制作局ディレクターの40代の男性職員を傷害容疑で書類送検した。

     捜査関係者によると、職員は4月19日午前0時45分ごろ、東京都渋谷区宇田川町の路上で、運転手を運転席から引っ張り出そうとし、そのはずみでアクセルを踏んだ運転手を約40メートル先のマンションのフェンスに衝突させて骨盤が折れるなど3カ月の重傷を負わせた疑いがある。職員がタクシーを止めたのに乗車しなかったことから、トラブルになったとみられるという。

     NHK広報局によると、職員は番組関係者と飲酒を伴う打ち合わせ後に帰宅するところだった。この職員は2018年の大河ドラマ「西郷(せご)どん」で演出を担当する予定だったが、4月27日付で外れた。NHKは「処分も含め、捜査の状況を踏まえて適切に対処する」としている。

     

    | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
    ラブホのゲイ差別と朝日
    0


      ラブホテルがゲイ客の利用を拒否したことは以前も朝日新聞が記事にしました。
      実情をどれだけ知っているか分からない記者が「性的少数者に対する差別だ!」という論調で書いていました。
      それをなぞったような記事をまた載せています。

           +++++

      朝日新聞デジタル
      男性カップル、ラブホ拒否 苦悩「言わなきゃダメだ」
      横川結香 2017年11月7日10時36分
      男性同士のカップルが今年8月、豊島区のラブホテルで利用を拒否されたと訴え、区が事業者に対して行政指導していたことがわかった。ラブホテルを含め、宿泊業者が性的少数者の利用を拒める法律や条例はない。区は以前にも区内の宿泊施設を調査し、再発防止の指導もしていたが、十分には浸透していなかった。

       埼玉県の20代男子学生は8月上旬の昼、男性とJR池袋駅近くのラブホテルへ向かった。事前にネットで調べたら、「同性同士OK」と紹介されていた。

       1階のフロントは無人で、備え付けのタブレット端末で部屋を選んだ。2人でエレベーターに乗ろうとしたら、いきなり現れた男性従業員に止められた。「すいません。男性同士のご利用はできないんですよ」。その場で食い下がる勇気も出ず、2人でホテルを後にした。帰り際にすれ違った男性たちの視線がやけに頭に残った。

       自分が性的少数者であることは


      有料会員限定記事こちらは有料会員限定記事です。有料会員になると続きをお読みいただけます。
      残り:932文字/全文:1298文字』

           +++++

      要するに、「これは性的少数者に対する差別だ!」という内容ですね。

      でも、なんか変です。
      ラブホテルって、そんなに性倫理に厳しいのでしょうか?
      「ウチのホテルでは不倫カップルの利用は断固としてお断りですよ!」とか。

           +++++

      なぜゲイ・カップルはラブホテル側に嫌われるのでしょう?
      (レズビアンはOKなところは多いみたいです)

      これについては過去ブログの中に書いたことがあるので、手短にまとめてみます。

      紅而blog 2017.05.19 Friday
      ラブホのゲイ拒否は差別?

      http://blog.webmanga.lolipop.jp/?eid=819

      元ラブホテル従業員によると……。
      ・部屋が汚くなる。清掃に10〜30倍の時間がかかることも
      ・布団やシーツに大便が付着していることも
      ・男女のカップルと比較しても部屋を汚す確率は断然高い
      ・レズビアンも部屋を散らかすが、ゴミや化粧品などが散乱しているだけ
      ・忙しい時間帯に迅速に部屋の清掃を済ませて回転率を高めなければならない

      また、ゲイの方々は(すべてではありませんが)肛門性交をします。
      その準備として、浴室でシャワー浣腸をするそうです。
      つまり、シャワーをアレして、アレにアレするわけです。(分からない人は自分で検索してください)
      そのシャワーは後に利用する客が頭や体を洗ったりするものです。
      そんなもので浣腸されたらたまらん、と考えるのは私だけでしょうか。

           +++++

      事前にネットで調べたら、「同性同士OK」と紹介されていた

      ……ホテル側も学習したのでしょう。同性愛者に部屋を提供したらどんなふうに使われるかを。

           +++++

      子供連れお断りの料理店と同じで、ホテル側もそれなりに理由があってゲイ客を断っているのですよ。
      これって、差別なんでしょうか?

      当人たちは権利獲得のために告発したのかもしれませんが、逆効果になるかもしれませんよ。
      朝日の記者みたいに物事の半面しか見ない人ばかりではありませんから。
      つまり、LGBT運動が盛んになればなるほど、彼らにとって都合の悪い事実も可視化されるわけです。

           +++++

      朝日新聞にはLGBT絡みの記事が多いです。
      実は、この手の記事はバカでも書けるんです。
      一方の言い分を垂れ流せばいいだけですから。

      朝日も堕ちたものだと思います。
       

      | 紅而遊戯 | LGBT | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
      NHKの礼賛する多様性って?
      0


        10月22日のNHK『日曜Tube「多様性一家が問う! ニンゲン界は今幸せですか?」』。

        テーマが3つあって、「異文化の壁」では富山県射水市での出来事を取り上げていました。

         

             +++++


        日本に20年在住のイスラム教徒のパキスタン人・アリ。
        町内会の人々が彼をもてなす様子を映像に。

        アリのために豚肉抜きの料理。
        町内会の一人が言うには。
        「友達同士でも、日本人の女子会でも『肉がダメとか、エビがダメ、カニがダメっていう人がいるので、それと同じ感覚で、『アリさん、肉ダメらしいよ。じゃあ肉やめよう』」

        いやいや全然違います。
        個人的な食の好き嫌いと宗教的な禁忌を同じに考えてはいけません。

             +++++

        確かにイスラム教徒のなかでもユルい人はいます。
        そういう人は豚肉でも平気で食べるそうです。

        反対に厳格な人もいます。
        そういう人は豚肉を食べないのは当然として、ゼラチンなど豚由来の食材もダメ。豚肉を切った包丁をそのまま使うのも御法度だそうです。

        普通の人が分かっていないのは仕方ないとして、NHKが公共の電波を使って誤解を絶対に招くような内容を垂れ流すのはいかがなものかと思います。

             +++++

        ちなみに、イスラム教徒に禁じられているのは豚肉だけではありません。
        食べられる肉に関しても屠殺の方法からして決まりがあったりします。

             +++++

        この番組、無条件に多様性を賞賛しています。
        でも、イスラム教徒は多様性とは極北に位置する存在ですよ。

        そのためヨーロッパでは彼らに難儀しているのです。
        スーパーではイスラム教徒の店員がアルコールのレジ打ちを拒否。
        イスラム教徒のタクシー運転手が飲酒客の乗車を拒否。
        学校給食では豚肉がなしに。

        日本の学校では今のところ、イスラム教徒の生徒は給食に豚肉料理が出る時は弁当を持って行ったりしているみたいです。
        しかし、彼らの数が多くなったらどうなるのでしょう。
        イスラム教徒に配慮して豚肉料理を止めろ、ということになるでしょう。
        さらにイスラム教徒の宗教的要求に合わせていけば、日本人の自由はそれだけ狭まります。
        (そもそも食べ物に制約があるのはイスラム教だけではありません)

        これって多様性の逆なんですけど。

        いったいNHKが定義する多様性って何なのでしょう。

             +++++

        ここまで書いたところで、こんな記事を発見。

        ナンミンウォッチ
        ムスリマ弁護士による「ヒジャブジハド」とムスリム利権運動の萌芽 2017/11/12(日)

        https://blogs.yahoo.co.jp/tfjtoday_nanminwatch/70326895.html
         

        | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:40 | - | trackbacks(0) |
        豪州で6割が同性婚を支持
        0


          オーストラリアで同性婚合法化を国民に問うたところ、賛成が反対を上回りました。
          これは郵送での調査という形で行われました。
          法的拘束力はありません。

               +++++

          朝日新聞デジタル
          同性婚の合法化、豪州で賛成多数 結婚法改正案を提案
          2017年11月16日05時00分
          オーストラリア統計局は15日、同性婚の合法化の賛否を問う郵便を使った「住民投票」の結果を発表した。有権者の79・5%が投票し、賛成は61・6%で、反対の38・4%を上回った。この結果を受け、合法化のための結婚法改正案が同日、議会に提案された。

           投票は、18歳以上の有権者を対象にした調査の形で9月


          残り:164文字/全文:314文字 全文を読む』

               +++++

          これについては次のブログが同性婚賛成の立場で解説しています。

          石壁に百合の花咲く 2017-11-15
          オーストラリア同性婚調査で過半数が「YES」

          http://www.ishiyuri.com/entry/2017/11/15/australia-votes-yes-to-same-sex-marriage

               +++++

          次の動画(全2:17/英語)で、(たぶん)オーストラリアのゲイ男性が同性婚反対を訴えています。

          I'M VOTING NO TO SAME SEX MARRIAGE!
          https://www.youtube.com/watch?v=6F7lCnXbWs4

          彼曰く。神が定め給うたのは男女の結婚である
          同性婚が合法化されたら……
          同性愛者が子育てをする
          学校で過激な性教育が始まる
          同性婚を認めると動物や自動車と結婚したがる人間をどう扱うのか
          (※ 以上は、あくまでも私の拙い英語力での理解です)

          この動画を見て初めて知ったのですがイルカと結婚した女性が実在するのですね。
          (法的な権利義務を伴う結婚かどうかは不明ですが)

          学校教育については、「同性愛は法的に認められた正常な恋愛である」と教えざるを得なくなりますね。
          性規範を破壊したい方々は随喜の涙を流すことでしょう。

               +++++

          同性婚を合法化した途端に株価が暴落とか、大地が真っ二つに避けるとか、そういった分かりやすい影響はないと思います。
          だから「結婚したがっている同性愛者たちがかわいそうだし、私の生活に悪影響もないことだし」なんて理由で同性婚に賛成する人って少なくないでしょう。
          けれど……。

          さきの動画にもあったように、「同性婚合法化=同性愛者の子作りを承認」なのです。
          養子縁組は当然のこと、人工授精や代理母出産もOKになるはずです。

          同性カップル&子ども

          同性婚推進プロパガンダに熱中するHNKがこのことに全く触れないところから推察すると、よほど隠しておきたい事実なのでしょう。

               +++++

          同性婚は、「結婚の平等」と「結婚の再定義」から導き出された観念優位の思想です。
          だから「結婚の平等」と「結婚の再定義」を押し広げたら「3人婚(複数婚)」や「近親婚」なども実現の可能性を帯びてくるわけです。

          結婚の平等と結婚の再定義

          日本でも同性婚が合法化されるかも?
           

          | 紅而遊戯 | LGBT | 08:50 | - | trackbacks(0) |
          朝日新聞死ねの足立康史
          0


            国会議員にしては品のない発言だと思いますけどね。
            でも相手が相手ですから。

                 +++++

            朝日新聞デジタル
            維新・足立衆院議員が「朝日新聞、死ね」とツイート
            2017年11月14日21時59分
            日本維新の会の足立康史衆院議員が、学校法人「加計(かけ)学園」をめぐる朝日新聞の11日付朝刊の社説に対し、自身のツイッターに「朝日新聞、死ね」と投稿した。複数のメディアが報じたのを受け、14日も朝日新聞に対して「ねつ造報道」などと投稿を繰り返した。

             朝日新聞は社説で「来春開学の見通しになったからといって、あの『総理のご意向』をめぐる疑いが晴れたことには、まったくならない」などと論じた。

             足立氏は13日、朝日新聞の取材に「適切な言葉だとは思っていないが、加計学園をめぐる名誉毀損(きそん)を続けるのかという怒りを表明した」と説明。匿名の母親が待機児童問題を告発するブログで使った「保育園落ちた日本死ね」の言葉が国会質疑で取り上げられたことに言及し、「国会での発言として許されるのであれば、『朝日新聞、死ね』も許される」とした。「問題提起だから、炎上した方がありがたい」とも述べた。

            ■識者「言論の元断つ物言い、不適切」

             元共同通信記者でジャーナリストの青木理氏は朝日新聞の取材に「一般の市民が切羽詰まった状況を伝えようとして過激な言葉を使うのと、公共的な存在である国会議員が使うのは出発点が違う」と指摘。「政治家は言葉が命。『朝日新聞、死ね』と言論の元を断つような物言いは適切ではない」と批判した。

             足立氏の一連の投稿について、朝日新聞社広報部は「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します。本紙報道を『ねつ造』などとする事実無根の批判を重ねていることと合わせ、看過できません」とのコメントを出した。


                 +++++

            まさにダブスタ。というより基準などあってなきがごとし、ですね。

            どこの誰だか分からないブログから引用した「日本死ね」を嬉々として垂れ流していたのはマスコミではないですか。
            あの「日本死ね」の連呼によって、「**死ね」的表現がすっかり定着したのです。
            いわばマスコミも共犯。

            朝日の記者はその程度のことが分からないのでしょうか。

                 +++++

            仮に立憲民主党の議員がツイッターで
            「安倍ポチ極右の産経新聞、死ね」と書いても、朝日新聞は果たして報道してくれるでしょうか?

                 +++++

            青木理って識者でしたっけ?

            それはさておいて……。
            国会議員と言っても、朝日新聞社のような大新聞社様と比べれば吹けば飛ぶような存在です。
            (一説によると、国会議員でもマスコミを敵に回すことをムチャクチャ恐れているとのことです。落選運動をやられたらたまりませんからね)

            報道しない自由と知らせない権利を濫用している巨大マスコミに対してなら、足立議員のこの程度の発言など許容範囲でしょう。

            私としては「日本死ね」発言よりははるかにマシです。

             

                 +++++

             

            言論の元を断つような物言いは適切ではない

             

            ……ならば、「日本死ね」などは到底許すべからざる発言ではないですか。

            日本という国家を否定してしまえば、その上に存在する言論の自由も消滅しますよ。

             

            自分で何を書いているか分かっているのでしょうか?


                 +++++

            ちなみに足立議員は……。

            BLOGOS 足立康史 2017年11月14日 12:58
            朝日新聞のねつ造報道は“万死に値する”  − 私が朝日新聞を最も強い言葉で非難する理由 −

            http://blogos.com/article/258949/
            なお、言葉遣いについては、私も適切であったとは思っていません。しかし、「日本死ね」が許容される国会の現状、それが流行語大賞に選ばれるメディアに対する“異議申し立て”として、敢えて使わせていただいた

                 +++++

            なお、加計学園騒動については、TBSがまたもや捏造報道をした疑惑が……。

            正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
            TBSが悪質な虚偽報道!加計学園の認可を批判するために北海道大学獣医学部の学生数と教員数を捏造 (11/15)

            http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6874.html

            ひどいものです。
            「TBS死ね」と言わねばなりませんが、すでに報道機関として死んでますからね。(この点、朝日も同じです)

                 +++++

            朝日新聞社広報部は「現職国会議員がこうした暴力的な言葉で正当な報道・言論活動を封じようとしたことに強く抗議します。本紙報道を『ねつ造』などとする事実無根の批判を重ねていることと合わせ、看過できません」とのコメントを出した

            話を「言論封殺」の方向に持っていくのは、一種のフェイクですよね。

            それと『事実無根の批判』という部分もフェイクです。



            加計学園問題とマスコミ

             

             


            加計学園問題4コマ漫画

             

             

             


            加計学園問題と既得権派

             

             

             


            「加計学園ありき」の真実
             

            | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:39 | - | trackbacks(0) |
            葛飾区議選は変化の予兆か?
            0


              葛飾区議選でかつて維新政党・新風の代表だった鈴木信行が当選したとのことです。

              正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
              祝!鈴木信行が当選!葛飾区議会議員選挙・外国人生活保護廃止の訴えが支持を集める・都民ファは惨敗 (11/13)

              http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6873.html

              朝日やNHKが絶対に取り上げたくない人物といえば、どんな御仁か分かるでしょう。
              参考までに朝日の記事を引用します。

                   +++++

              朝日新聞デジタル
              都民ファ、失速鮮明に 葛飾区議選で5人中4人落選
              2017年11月13日15時56分
              12日投票の東京都葛飾区議選(定数40)が13日に開票され、小池百合子都知事が特別顧問を務める地域政党「都民ファーストの会」は、公認候補者5人(前職1人、新顔4人)のうち、4人が落選し、当選は前職1人にとどまった。

               都民ファーストは、7月の都議選で55議席を占める最大会派に躍進。今回の葛飾区議選は、都民ファーストにとって都議選後、公認候補を擁立した初の地方議会選だった。ただ、10月の衆院選で小池氏の率いる国政政党「希望の党」が完敗。今回の葛飾区議選でも都民ファーストが敗北を喫したことで、小池氏の「失速」が改めて鮮明になった。


                   +++++

              別に私は彼の支援者ではありません。
              けれども、今回の選挙結果は、時代の変化を表す「何か」かもしれません。
              アメリカではほぼすべてのマスコミを敵に回したトランプ大統領が誕生しました。
              ヨーロッパでは右翼政党が勢いを増しています。
              記録の意味も込めて当ブログで取り上げました。

              ついでと言っては失礼でしょうが、元NHK職員の立花孝志も当選しました。
              是非ともNHK様に密着取材していただきたいものです。
               

              | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:47 | - | - |
              同性カップルの住宅ローン
              0


                昨日(月曜)早朝、NHKで報道していたニュースです。

                     +++++

                同性カップルの住宅ローン 新たな取り組み始める 11月13日 4時50分
                http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171113/k10011221331000.html
                これまでほとんどの金融機関で認められていなかった同性カップルへの住宅ローンについて、2人で生活する意思をカップルが表明すればローンを組めるようにする新たな取り組みを、インターネット銀行と住宅情報会社が協力して始めました。

                取り組みを始めた楽天銀行などによりますと、ほとんどの金融機関は、住宅ローンを組む際、同性のパートナーを配偶者と見なしていません。
                このため、同性カップルの場合、ローンの基準となるのはどちらか1人の収入だけで、「2人合わせた収入を基準により充実したローンを組めるようにしてほしい」という声が、住宅を求める同性カップルなどから挙がっていました。

                こうした中、楽天銀行と大手住宅情報サイト「SUUMO」の運営会社は、窓口で2人で生活する意思をカップルが表明すれば、2人の合算した収入をローンの基準にする取り組みを先月から始め、住宅の購入を検討する同性カップルが相談に訪れています。

                相談に来たゲイのこうきさん(仮名・27)は「収入を合算できると住宅の選択肢が広がるのでうれしい」と話していました。

                「SUUMO」の運営会社の小林卓麻部長は「マイホームの購入というLGBTの人たちの夢の幅を少しでも広げていきたい」と話していました。

                同性カップルの住宅ローンについては、みずほ銀行でも、互いが後見人となる公正証書などを出せばパートナーを配偶者とする取り組みを先月から始めています。
                「やっと存在認められた」
                東京・渋谷区に住むゲイのこうきさん(仮名・27)とパートナーのゆうたさん(仮名・25)は、1年半前から交際を始め、今は賃貸マンションで一緒に暮らしています。
                2人で暮らし続ける住宅を持ちたいと相談に訪れました。

                これまで「男性どうし不可」という入居の条件を見て同性カップルへの差別を感じ、ショックを受けたこともあるといいます。
                住宅の購入についても、当初は1人の収入を基にローンを組むしかないと考えていました。

                今回、2人で生活することを表明することでより充実したローンを組める道ができたことを知り、住宅を選ぶ選択肢も広がると考えています。
                こうきさんは「これまで自分が住みたいところに住みたいと言っているだけなのに、それが通らず、存在が否定されていると感じてきました。新たな取り組みでやっと自分たちの存在が認めてもらえたという思いです」と話しています。


                     +++++

                「それがどうした」という内容ですね。

                そもそも、ローンは独身者でも組めますから。
                (夫婦しかローンの利益を享受できないとなると、父子家庭や母子家庭はどうなるのでしょうか)

                ゲイ・カップルが住宅ローンを利用できるとしても、どうということはありません。

                問題は金融機関にではなくて、ゲイのほうにあるのです。
                (不動産の共有から生じる法律問題については、ここでは論じません)

                それは単純な話で、「ゲイはすぐに別れる」ということです。
                1年続けば長いほうらしいです。
                (これはゲイのブログで知りました)

                だから、一生を添い遂げる覚悟を固めた同性カップル以外には、住宅ローンなど関係のない話なのです。

                     +++++

                これまで「男性どうし不可」という入居の条件を見て同性カップルへの差別を感じ、ショックを受けたこともあるといいます

                これも前の話と関連します。

                ゲイ・カップルに部屋を貸すとしましょう。
                彼らが別れたら、家賃は残った一方が負担することになります。
                二人で住むような間取りなら、家賃もそれなりに高いでしょう。
                つまりは、「破局=家賃が払えない」リスクを考えなければなりません。(男女の同棲でも同じですけどね)
                ゲイ・カップルが長続きしないとなれば、リスクは必然的に高まります。

                要するに、商売上の損得ですよね。

                本質が同じものを根拠なく悪意をもって不当に除外するならば、それは差別でしょう。

                性質が違うものを別々に扱っているのなら、それは区別です。

                何でも差別の図式に当てはめるのはマスコミの悪癖です。

                | 紅而遊戯 | LGBT | 08:38 | - | - |
                コメントについて
                0

                  【変更 2017年11月18日】

                  コメントの設定を「受け付ける」に。

                  実は5日前に下記内容を書いた時に、コメントの設定を「受け付けない」に変えました。が、なぜか設定変更が保持されません。

                  投稿のたびに設定をいじるのも面倒なので、元のままにしました。

                                             【以上】

                   

                        *     *     *


                  2017年11月13日をもって、コメントの設定を「受け付けない」に変更しました。

                  振り返れば、ブログ開設以来、一度もコメントに返事をしていません。
                  そのためか、コメントを寄せてくださる方も皆無となりました。
                  ならば、いっそのことコメントの受け付け自体を止めてしまえ、という結論に至りました。

                       +++++

                  コメントをいただくと、「返事をしなければ」という心理は働くのですね。
                  けれども、「何を書こうか」とか考えているうちに1週間くらいが過ぎてしまうのです。

                  当方としては「ああ、また返事を書かなかった」という罪悪感があるし、コメントを下さった方としては「何だ、無視かよ」と不快に感じておられることでしょう。

                  コメントを「受け付ける」設定にしておくと、当ブログの場合、どちらも幸せになれないわけです。

                       +++++

                  もともと、文章を書くこと自体が負担なわけです。
                  ブログの更新も、知的能力を維持するために自らに課している義務みたいなものでして。

                  ……というわけです。
                  あしからず。
                   

                  | 紅而遊戯 | 当ブログについて | 08:30 | - | - |
                  高須克弥発言に物申す
                  0


                    美容外科医の高須克弥のツイッターでの発言が物議をかもしました。

                         +++++

                    朝日新聞デジタル
                    高須克弥氏、米学会の会員資格はく奪か 人権団体が声明
                    2017年11月9日20時13分
                    米国のユダヤ人人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」は8日、ナチスを称賛する内容のツイートをしていた美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長の会員資格を米美容外科学会が剝奪(はくだつ)したとして、この処分をたたえる声明を発表した。

                     高須氏のツイッターのアカウントは「南京もアウシュビッツも捏造(ねつぞう)だと思う」と書くなどしてきた。同センターは「ナチスと大日本帝国の犠牲となった人々の記憶を傷つけるもの」などと強く批判し、同学会に除名処分を求めていた。

                     センターのエイブラハム・クーパー副代表は声明で、同学会から「高須克弥氏は学会の規約に反したとの結論に至り、会員資格を剝奪した」との手紙を受け取ったと発表し、「この決定を称賛する」とした。

                     高須クリニックの担当者によると、「院長は9日は会議中で連絡がつかない」という。高須氏のアカウントは9日午後、「アメリカ美容外科学会からはまだ何の連絡もない。本人が知らない追放なんかあるか」と投稿した。学会に対して「いま退会する」とメールを送ったことも記し、「会員の僕には聞き取り調査も弁明もありません」とも記した。


                         +++++

                    アウシュビッツにしろアンネの日記にしろ、根拠を上げて捏造を主張すること自体には反対いたしません。

                    しかし、南京事件とアウシュビッツを並べるのは止めていただきたい。

                         +++++

                    アウシュビッツでの、毒ガスを使用したユダヤ人大量虐殺については、これを捏造とする説がずいぶん昔から流布しています。

                    捏造説が真実だとしても、ナチスがユダヤ人を迫害したのは事実です。

                    確かに、大量虐殺の有無は重要です。
                    しかし、虐殺を企図しなかったとしても、ユダヤ人を強制的に収容所に放り込んで、労働を強いたことは事実です。
                    「収容の目的が虐殺と強制労働とでは全然違う」という見方ももっともです。が、故郷や住処から切り離されて、収容所に強制移住のうえに酷使されるというのは、虐殺とは違った種類の地獄です。
                    実際、ユダヤ人たちは、絶望のなか、心折れて死んでいったのですから。

                    これと南京事件とを並べられたら、日本軍がナチスと同質のように思われかねません。
                    たとえ捏造を主張する文脈であっても、無神経だと思います。

                         +++++

                    参考までに。

                    『第二次大戦下のヨーロッパ』笹本駿二(岩波新書745・1970年)
                    P115〜118
                    わたくしはひとりでルジェフの町を散歩してすごした。南ポーランドのこの町は、かつてオーストリア帝国の所領でライヒスホーフという立派なドイツ名を持っている。
                    ・・・ポーランド戦争後はドイツの占領下におかれ、町にはドイツ兵、ドイツ人があふれていた。ポーランド人はぼろをまとい、裸足が多く、まるで奴れいのようなかっこうでいる中で、身ぎれいなドイツ人はひと目でわかった。スラブ民族を劣等人種として、その絶滅を目指していたナチスの人種政策が、ここでは早速実行に移されていたのである。食べものでも着ものでも住居でも、ポーランド人はほとんど人間あつかいはされていなかった。それは、このさきの旅をつづける間いたるところで見聞したことだが、ルジェフではじめてそれを見たとき、わたくしは強いショックを受けた。その晩わたくしは、宣伝中隊の将校たちといっしょに、ドイツ占領軍のカジノ(将校集会所)に招かれた。そこでも、ポーランドにおける占領政策について、とりわけ「スラブ絶滅策」について講義を聞かされた。若いドイツ将校が、「スラブはヨーロッパにとって最大の脅威です。これを滅ぼすことはわれわれドイツ人にとっての大きな使命です」と平然として語るのを聞いて、わたくしは唖然とするのみだった。
                    そのときドイツ将校のひとりがユダヤ人問題を持ち出してきた。

                    ・・・このルジェフでは、市民の約三分の一がユダヤ人であること、去年の秋から「ゲットー」をつくって、ユダヤ人をその中に収容し、ポーランド人と隔離してしまったこと、などを教えてくれた。

                    ・・・わたくしたちは「ゲットー」に案内された。・・・バラックの数は五、六百もあったであろうか。バラックの中には、床はなく、地面からじかに柱が立っていてその上に屋根が載っている。・・・同行したハンガリーの青年たちも、強いショックを受けたらしく、唇を噛んで沈黙をつづけた。・・・

                    帰り道、町のまん中で道路工事をやっていた。見ると、一五、六歳の少女たちがつるはしをふるって働いている。裸足でぼろをまとっている。にわか雨が降ってきたので、わたくしたちはそばの家の軒下で雨やどりをしていると、まもなくその少女たち五、六人がそこに駆けこんできた。よく見ると、目鼻だちのいいきれいな娘ばかりだったが、すぐあとにやってきた監督らしい男が、「そこはお前たちの場所じゃないぞ」と叫ぶと娘たちはまた雨の中を走って去った。これもまた印象深い哀れな光景だった。ユダヤ娘たちは雨やどりも許されないのである。
                    ※段落等に手を加えています。省略箇所も多いです。
                     

                    | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:48 | - | - |
                    独島エビと元慰安婦で歓待
                    0


                      トランプ大統領の訪問を韓国側は独島エビでもてなしました。

                      毎度まいどの韓国の行いには業腹ではありますが、こうして竹島に領土問題が現に存在することを世界に発信してくれるのはある意味日本に利益があります。
                      (実効支配しているのは韓国なのだから、何も主張せずに黙っていればいいのに……)

                      それにしても「独島エビ」の名称には笑ってしまいますね。

                      大神が説く竹島領有の正当性

                           +++++

                      文在寅・韓国大統領はトランプ大統領に元慰安婦を引き合わせました。
                      彼女はトランプ大統領にハグされたとのことです。
                      (一説によると彼女のほうから無理矢理にトランプ大統領にハグを迫ったとか)

                      正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
                      米韓晩餐会に慰安婦&独島エビ「日本が嘘主張する独島の領有権アピール」・トランプと李容洙が抱擁?

                      http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6865.html

                      この元慰安婦・李容洙については上記ブログが詳しいです。
                      経歴にかなり「?」がある人物です。
                      本当に「日本軍の」慰安婦だったのか?そこからして怪しいですね。

                      慰安婦、すなわち売春婦。しかも胡散臭さ満載の人物。
                      それが「日本軍の被害者」という観念をテコに、アメリカ大統領とハグできる地位にまで成り上がりました。
                      世紀の奇観とも言うべき光景でした。


                      ……オッと言い忘れました。
                      これって、そもそも日韓合意違反ですよね。

                           +++++

                      今回の出来事で韓国が真性の恥知らず国家であることが明らかになりました。

                      亡びんとする国では、是非や美醜の矩が失われてしまうのですね。


                      朝日新聞は2か月前にこんな記事を載せましたけどね。

                      朝日新聞デジタル
                      大学講師が「韓国は恥ずかしい国」 恐怖感じたレイハラ
                      大貫聡子 2017年9月18日16時52分
                      『(前略)
                       京都府内の私立大に通う在日コリアン3世の女性(22)は、幼稚園から高校まで朝鮮学校に通い、本名を名乗る。
                      (中略)
                       大学の講義で、衝撃を受けたことがある。非常勤講師が「韓国は恥ずかしい国」「韓国は近代国家ではない」などと繰り返した。強い恐怖を感じ、教室にいてはいけないような気がして涙がとまらなくなった。
                      (後略)』

                      客観的事実に基づいて観察した結果が『韓国は恥ずかしい国』だとしたら、ハラスメントには当たりませんよ。
                      むしろ、政治的評価の問題です。

                      でも、この在日コリアン女性、韓国籍でしょうか? 朝鮮籍でしょうか?
                      韓国という特定の国家を話題にしているのだから、「在日韓国人」なのか「在日朝鮮人」なのか、明確にすべきなのに……。
                      何を隠したいのでしょうか朝日新聞は。
                       

                      | 紅而遊戯 | 韓国崩壊 | 09:09 | - | trackbacks(0) |
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE