紅而blog

Please don't expect my reply to your comment.
コメントの返事は期待しないでください。
古い記事とコメントは時期をみて削除しています。
The day of Takeshima
0


    Tomorrow, 22 February is "The day of Takeshima".

    Japan’s Consistent Position on the Territorial Sovereignty over Takeshima
    http://www.mofa.go.jp/region/asia-paci/takeshima/index.html
    "Takeshima is indisputably an inherent part of the territory of Japan, in light of historical facts and based on international law.

    The Republic of Korea has been occupying Takeshima with no basis in international law. Any measures the Republic of Korea takes regarding Takeshima based on such an illegal occupation have no legal justification.
    "

    猫娘

    Takeshima is Japanese Territory.
    In 1952, South Korea robbed of this islands.
    The president of South Korea was Rhee-Syngman
    (李承晩), in those days.
    He was a owner of anti-Japan spirit.

    The theme jumps to Comfort-Women issue. OK?

    Even such an anti-Japan president was indifferent to Comfort-Women.
    It's ridiculous.
    "The Japanese military kidnapped 200,000 Korean girls, in the WW2!" You know?

    But Rhee-Syngman said nothing about Comfort-Women.
    Why?

    The answer is simple. Comfort-Women issue was made up after 1980s.
    So the president Rhee-Syngman can not have known about Comfort-Women issue.
    (Of course he had understood what Comfort-Women were. They were mere sex-worker)


    -----------------------------------------------------------

    Takeshima 竹島=Ojima 男島(Nishijima 西島)& Mejima 女島(Higashijima 東島

    大神が説く竹島領有の正当性
     

    | 紅而遊戯 | English | 08:33 | comments(0) | trackbacks(0) |
    学校での英語教育は試験目的
    0


      昔から、「何か一つ、外国語を身につけたい」と念じて英語を勉強してまいりました。
      そして最近になって悟りました。
      「英語の才能がない」と。

      それはさておいて……。

      小学校からの英語の必修科目化。
      文科省ってホントにバカですよね。「早く始めればいいだろう」という安易な考え方がバカそのものです。
      そして私立中学が入試に英語を。

      公教育の中に英語を持ち込むと、どうしても「試験で能力を計る(=数値化する)」という方向に進んでしまいます。

      で、本当に英語が達者になるのでしょうか。

           +++++

      まず、「英語は日本語に非ず」、これを肝に銘じなければなりません。

      英語が日本語と違うところ。
      ・綴と読みの乖離。
      ・アルファベットのみ。
      ・発音の種類が多い上に、子音のみの発音がやたらと多い。
      ・語順がほとんど逆。
      ・フランス支配下で変化した言語であること。
      ほかにもいろいろあるのでしょうけど、思いついたところはこんなものですかね。

           +++++

      英語は綴(表記)と読み(発音)がズレています。
      カリーグ(同僚)、サイコロジー、レイショウ(比率)、ペズンツ(小作農)、ライン(統治)……。
      発音だけ聞いて、綴を思い浮かべることができますか?

      英語というのは、ギリシャ語、ラテン語、フランス語、これらが紛れ込んで、(どうせ英米人は読んでいないだろうから敢えて言いますが)畸形的に発達した言語なのです。

      この綴と読みがかけ離れた英単語を日本人がどのように覚えるか。どうしてもローマ字読みで頭に叩き込んでしまうのです。
      カリーグ=colleagueなら「コレアギュエ」、レイショウ=ratioなら「ラティオ」みたいに。
      (「そんなことをやっているのはオマエだけだ」という方は読む必要ありません)

      学校教育、しかも試験があるとなると「綴など多少あやしくても構わない」とはいきませんから。

      これが有害なのです。
      綴と間違ったローマ字発音の結びつきが脳に刻まれてしまいますから。
      聞き取りの際に混乱必至です。

      これを防ぐのは簡単です。
      試験の時に辞書の持ち込みを許せばいいのですよ。
      あるいは、単語(綴)だけが載っている、試験用の辞書を作ってもいいのではないですか。

           +++++

      語順が日本語とまったく違うところも英語学習者を悩ませます。

      この訳の分からない言語を整理するために、先人たちは精緻な文法を作り出しました。
      「関係代名詞」「関係副詞」「再帰代名詞」「同族目的語」「副詞的目的格」「三人称単数現在」などなど。
      おかげで、学校での英語教育は、外国語を学ぶだけでも厄介なのに、同時に日常生活にない「特殊漢語」まで学ばなければならなくなりました。
      大学で「英語学」を専攻するのならともかく、こんな用語は英語学習に不要だと思うのですけどね。

           +++++

      そして「関係代名詞」だとか「副詞節」といった概念を駆使して英文を読解するわけです。
      「関係代名詞があるから、後ろの文章は、前にあるここに掛かって……」みたいな作業に没頭するわけです。
      これって、昔の漢文の読み方と通ずるところがありますよね。

      しかし、やはり、頭から意味を変換すべきだと思いますよ。すなわち逐語訳。
      "but I cannot pluck out your eye. You would be quite blind then."
      (「THE HAPPY PRINCE」by Oscar Wilde)
      これなどは、こなれた日本語だと「しかし、私はあなたの目をほじくり出すなんてできない。それではあなたは、まるっきり盲目になるだろう」的な訳になるでしょう。
      語順通りの変換法だと「しかし、私、できない、ほじくり出す、あなたの目を。あなたは、(〜の状態に)なるだろう、まるっきり盲目に、それでは」
      日本語としてはムチャクチャです。けれども、英語というのはこのような順序で理解するように出来ているのです。
      「リスニングは未来永劫絶対に不要だから、閲読能力だけあればいい」という人以外は語順通りに理解する術を身につけるべきだと思いますよ。

      もっとも、小中高生がこれをやると、日本語能力が狂ってしまうおそれがあります。

           +++++

      小学校ではディズニーの映画音楽でも歌っていればいいのです。
      あれなら発音も明瞭ですから。
      歌っているうちに、英語の発音やアクセントがどんなものか体得できるでしょう。

      中学では、簡単な文法、辞書の使い方、基本的かつ実用的な会話を。
      試験をやるのも結構ですが、順位を競うなんてバカな目的ではなくて、最低の理解度を確認するためにやっていただきたいものです。

      高校に入れば、こみいった英文をやらせるのもいいでしょう。

      これでいいんじゃないかと思うのですけどね。

       

      | 紅而遊戯 | その他 | 09:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
      Death to Kim Boutin[Fury of Korean]
      0

        Caution!
        + It's your decision whether you believe my remarks or not.
        + Please don't expect my reply to your comment.

        There was accident in the PyeongChang Olympic.
        An unlucky woman has become a prey of angry Korean.


        BBC
        Winter Olympics: Kim Boutin target of online abuse after bronze medal
        14 February 2018
        http://www.bbc.com/sport/winter-olympics/43055570

        Oh!
        She has done the worst thing she should not do.
        That is, "Don't make Korean angry!"

        Did not she know Ramo's mistake?


        NBC Apologizes After Japan Comment Draws Anger in South Korea
        By AMY QINFEB. 11, 2018
        https://www.nytimes.com/2018/02/11/world/asia/nbc-apology-japan-korea.html

        His comment was perfectly correct. But, it's not "politically correct".
        So he has been attacked by a lot of angry Korean.

        The poor Canadian athlete, Kim Boutin will be torn up by angry Korean.
        They have no mercy, like piranha.


        ------------------------------------

        You understood?
        This is just Korean.
        Do you think they have an ability to restrain the flame of emotion?

        I want to talk about Comfort-Women.

        They say. "Japan kidnapped 200,000 Korean girls".
        If this story was real, Korean must have gone mad in a fury.

        But for 40 years after the WW2, they were indifferent to "the kidnapping of the 200,000 country-girls".



        日韓年表1910-1991

         

        | 紅而遊戯 | English | 08:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
        Ramo must harakiri[The curse of Korea]
        0

          Caution!
          +It's your decision whether you believe my remarks or not.
          +Don't expect my reply to your comment.

          Are you interested in the PyeongChang Olympic?

          Recently, Joshua Cooper Ramo said on NBC as followed, (about Japan)
          a country which occupied Korea from 1910 to 1945, but every Korean will tell you that Japan is a cultural, technological and economic example that has been so important to their own transformation.

          NBC Apologizes After Japan Comment Draws Anger in South Korea
          By AMY QINFEB. 11, 2018
          https://www.nytimes.com/2018/02/11/world/asia/nbc-apology-japan-korea.html

          Oh! Terrible!
          This comment is not "politically correct".

          猫娘
          "Japan brought Korea only destruction and terror in the era of Japan-Korea Annexation". This is just a "politically correct" answer.
          It's not important that,"Was there anything to prove it?"
          "Political correctness" is absolute.

          ------------------------------------------------

          "Political correctness" is God.
          So I want to count the sin which Japan did to Korea in 1910-1945.

          The sin of first!
          That is, that is, that is.........
          Japan enriched Korea.
          Japan made Korea modern society.
          As a result, the population of Korea increased.

          -1910=about 13,000,000
          -1945=about 29,000,000
          I guess this annoyed Korean. Because the enemy of Korean is Korean.

          The sin of second.
          Japan gave Korean the high quality education.
          Japan built a lot of schools in Korea.

          (For example: primary school=4,271)
          Japan gave Korean the intelligence.
          This is the same sin of Satan to Adam & Eve.

          The sin of third.
          Japan banned Surrogate Mother system.
          Today, the surrogate motherhood is European fashion.
          Korea was doing the 21 century's fashion in those days.
          Japan destroyed Korea's great tradition.

          The sin of fourth.
          .........Please investigate by yourself. I feel exhaust.

          日韓年表1910-1991

          -----------------------------------------------

          猫娘
          With the dogma of "Political correctness", we Japanese must apologize to Korean good people on our knees for ever.

          So Mr.Joshua Cooper Ramo. You should do hara-kiri and pay for your huge mistake.                   
          (It’s a joke.)

           

          | 紅而遊戯 | English | 09:03 | comments(0) | trackbacks(0) |
          Forced prostitution?[Comfort-Women]
          0

            Caution!
            + The following text is mainly about Korean Comfort-women(=sex-workers).
            + Do not trust this website too much. I am not a university professor.
            + Sorry. I will not reply to your comments. I have no time.

            Do you know? There is a so-called "Comfort-woman statue" near the PyeongChang Olympic stadium.
            偽慰安婦少女像1
            Once looking at the statue, your sensitive heart would keenly ache. "Evil Japan had forced such a teenager to prostitute for Japanese soldiers!"

            It's not correct.

            She was a miserable girl.
            She was a sex-worker sold by her parent.
            She was a employee under private Korean manager.

            猫娘
            But now, Korean do not know their past. Because, they lost the key to the real history. The key is the letter "Kanji".


            ------------------------------------------------

            Please read this "Japan-Korea simple history".
            日韓年表1910-1991
            In 1945, the ruler Japan left Korean Peninsula.
            In 1965, Japan-Korea Treaty was signed.
            During this 20 years, why did everyone forget Comfort-Women?
            In the negotiation of this treaty, Korean politicians demanded compensation of other things to Japan.
            The negotiation period was 14 years. Korean president changed and changed. From "anti-Japan" Rhee-Syngman(李承晩) to 尹潽善. From 尹潽善 to Park Chung-hee(朴正煕).
            For 14 years. With three president. But there was nothing even one word about Comfort-Women.

            By this treaty, the Korea government got huge money from Japan.
            This treaty ended the Japan-Korea historical problems,,,,,,,. People believed "ended".

            Time passed and passed.......

            In 1983, Yoshida Seiji confessed his crime.
            日本兵の朝鮮娘狩り
            That was the kidnapping of many Korean in the wartime.
            (He
             acknowledged later on that his story was fake)

            The confession gave Japan big shock.

            Some Japanese made no doubt of Yoshida's story.
            One of them went to Korea. And looked for the former Comfort-Women.
            "Let's sue the Japan government to the Japanese court. We pay for the money(litigation costs, etc)".

            In 1991, former Comfort-Woman, Kimu-Hakusun(金学順) came out.
            Japanese newspaper, Asahi-Shinbun(朝日新聞) wrote the article, as if there was the forced-prostitution.

            But the fact was.........
            Kimu-Hakusun told Korean newspaper that she was sold to brothel by her parent.
            The same thing was written in the lawsuit document of her.

            Human-trafficking, that is huge tragedy for woman.
            But "to sympathize with poor woman" is not "to made up hateful enemy".
            In those days, Korean Comfort-Women were employed by Korean managers.
            Please look at this newspaper ad in the era of Japan-Korea Annexation.
            ハングル慰安婦募集広告
            The last line "(許氏)" is perhaps the employer's name.
            "許", this is not Japanese name.
            It's Korean.
            Korean ate Korean girls.

            Of course, the Japanese military made a contract with such managers. And gave some benefits.
            I recognize it.

            ------------------------------

            I forgot a important thing.

            Comfort-Women had gotten a lot of money through sex-work.
            One of them, 文玉珠 saved "26,245 yen".
            (That was huge money to be able to purchase several houses in those days)
            In reality, Comfort-Women could live in luxury.
            偽慰安婦少女像2

            Of course, there must have been poor Comfort-Women.
            They may have been sold by their parents.
            They may have been suffering from the greedy Korean managers.
            They may have been working without wages due to the parent's debt.

            猫娘
            If you want to accuse the Japanese military, do as you like.
            But don't ignore the definite fact.
            That's Korean who ate Korean girls.

            | 紅而遊戯 | English | 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
            手術要件と性別変更と高裁判断
            0


              NHKと並ぶLGBTプロパガンダ媒体となった朝日新聞。
              その大朝日の二階堂ユキ様の記事です。


                   +++++

              朝日新聞デジタル
              シリーズ:その他
              「性別変更に不妊手術」は合憲 家裁判断を支持
              国米あなんだ、二階堂友紀
              2018年2月13日09時00分
              戸籍上の性別変更に「不妊手術」を義務づけた性同一性障害特例法は違憲と訴え、女性から男性への手術なしでの性別変更を求めた家事審判の即時抗告審で、広島高裁岡山支部(松本清隆裁判長)は9日付で、申立人の即時抗告を棄却する決定を出した。「手術要件は合憲」とし、性別変更を認めなかった岡山家裁津山支部の判断を支持した。

               申立人は女性の体で生まれ、男性として生きているトランスジェンダーの臼井崇来人(たかきーと)さん(44)=岡山県新庄村。高裁決定は「性別に関する認識は、幸福追求権と密接にかかわり、人格権の一内容をなす」と認めたが、「性別は民法の定める身分法制の根幹。法制度を離れて違憲か否かを論じるのは相当でない」とし、立法府の裁量に委ねられるとの判断を示した。

               その上で、裁量権の逸脱があるか検討。手術なしで女性から男性に性別変更した例などを念頭に「元の性別の生殖能力で子が誕生した場合、身分法秩序に混乱を生じさせかねない」とし、「立法目的は正当」と結論づけた。

               臼井さんはパートナーの女性、その長男と暮らしている。性別を男性に変えた上での結婚を望んでおり、決定書が届いた12日に岡山市内で会見。「自分は男である、私たちが家族である、という自己決定を否定された。残念です」「司法の場や社会に、こんな現状の人間がいることを知ってもらうことに意義があると信じている」と語り、最高裁に特別抗告する考えを示した。

               審判で臼井さん側は、性別変更の要件に「生殖腺や生殖機能がないこと」を定める特例法について、「自己決定権を保障した憲法13条に違反している」などと主張していた。

               国際的には「リプロダクティブ・ヘルス/ライツ(性と生殖に関する健康・権利)」を尊重し、性別変更の要件から手術要件を外す国が増えている。英、米の一部の州、アルゼンチン、独、仏などでは手術は不要だ。世界保健機関(WHO)なども2014年、不妊手術の強制は人権侵害だとして廃絶を求める共同声明を出している。


                   +++++

              英、米の一部の州、アルゼンチン、独、仏などでは手術は不要だ

              左翼が大好きな、「ヨーロッパでは」の出羽守論法ですね。
              日本のLGBT運動は欧米の、より過激なLGBT思想をそのままコピー&ペーストしたものにすぎません。だから、こんな表現を簡単に使ってしまうのでしょう。

              欧米のほうが間違っているのでは、ということはチラリとでも考えないのでしょうね。


                   +++++

              もともと性同一性障害特例法が作られたのは、私の理解では、「手術を受けて後戻りができなくなった人間を法的に何とかするため」でした。

              しかし、LGBT活動家も朝日新聞も、「自分の性別を決定するのは自己決定権によるものであるから、手術要件そのものが不当」という立場です。
              特例法の趣旨と全然違うのですね。
              二階堂ユキ様の記事はこのあたりの前提の違いを隠しているから、普通の読者にとって分かりにくい記事になるのです。


                   +++++

              高裁の言う元の性別の生殖能力で子が誕生した場合というのは次のような事例です

              ↓19:08の動画
              'I gave birth as both genders' - BBC News
              https://www.youtube.com/watch?v=6exwndZBVYA

                   +++++

              臼井崇来人の思想がどんなものか分かりません。が、「性別変更したい。けれど、手術を受けるつもりはない」トランスジェンダーの方は次のようなことを考えていたりします。
              「自分の子どもが欲しくなった時のために妊娠できる体を残しておきたい。これは当然の権利である」。

              でも、「子どもを産める体」を持っていることは肉体的に女性なわけです。
              それと「自分の子を妊娠したい」という発想と感性は女性のものでは?
              「心は男」というトランスジェンダーの前提そのものを自ら否定しているようにしか思えませんけど。
              そもそもトランスジェンダーがのたまう「心は男」の男というのは一体どのようなものなのでしょう?
              そこにあるのは御都合主義だけではないですか?


                   +++++

              ちなみに臼井崇来人というのは子どもこんなことをする人です。

              続々・たそがれ日記
              裁判の意義と、人物への評価は別にしないといけない
              http://junko-mitsuhashi.blog.so-net.ne.jp/2017-02-09-5

              手術要件なしで「性別変更申し立て」事件の審判結果が出た…
              https://megalodon.jp/2017-0207-2328-19/blogs.yahoo.co.jp/inakaoyako/21414438.html

              トランスジェンダーというのは、性的指向云々以前に何か尋常でないものを抱えているように思えるのですが。

               

              | 紅而遊戯 | LGBT | 08:42 | comments(0) | trackbacks(0) |
              Windowsアップデートの憂鬱
              0


                昨日は月に一度のWindowsアップデートの日でした。
                毎週第二水曜がこれに当たることは皆さんご存知でしょう。
                そして、アップデートのダウンロードとインストールと再起動に無茶苦茶時間がかかることもご存知でしょう。
                ダウンロード&インストールの最中は、私の低スペックパソコンでは他の作業がほとんどできなくなります。
                インストールが途中で長時間止まったりすると、イライラが絶頂に達してしまいます。

                     +++++

                ネット接続のWindowsパソコンは2台あります。7と8.1。
                毎月、この2台のアップデート作業をするわけですが、7のほうは1時間以上かかるときがありますね。(昨日は30分ほどで終わりましたけど)
                うんざりします。

                     +++++

                Linux系のPeppermint OS7もアップデートはあります。こちらはWindowsに比べると頻繁にあります。けれども短時間で終わります。

                ちなみにWindowsのOSを再インストールした場合。アップデートを敢行すると、まる一日かかることを覚悟しなければなりません。
                そもそも、アップデートそのものができない場合があります。アチコチ設定をいじくって試行錯誤するわけですが、心身ともに消耗著しいですね。

                この点、Linux系のOSだと、(OSインストールの時間を除外して)アップデートは30分ほどで済みます。(あくまで私のパソコン環境の話です)

                私がWindowsパソコンを見限った理由はこのあたりにもあります。

                     +++++

                念のために。
                別にLinux系OSを推奨しているわけではありません。アレはアレで問題があります。

                 

                | 紅而遊戯 | その他 | 08:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
                NHKとレズの子作りと同性婚
                0


                  2月7日の朝7時のNHKニュースで10分ほど同性カップル(レズビアン)の子育てを取り上げていました。
                  「ついに来たか」というのが正直な感想です。
                  子作りこそが同性婚の真の目的ですから。
                  単に長年連れ添うための法的保障が欲しいだけなら、養子縁組制度を利用するという手段があります。


                       +++++

                  NHK
                  2018年2月7日(水)“子どもを持ち 育てたい” 同性カップルが直面する課題

                  http://www9.nhk.or.jp/ohayou/digest/2018/02/0207.html

                  登場したのは長村さと子という女性です。
                  友人の男性の精子を使い、シリンジ法(自分で精液を膣内に注入する手法)によって子作りをしました。

                  いろいろ子作りの理由を並べていますが、どう考えても、欧米の流行に感化された活動家が、「あえて我が身で試した」ようにしか思えないのですけど。
                  子どもを持ちたいレズビアンの交流会を立ち上げたとか、「新しい家族の形をつくりたい」とか「誰もが子どもを持てる社会に」とかいう言動が、いかにも活動家っぽいですね。

                       +++++

                  番組を見ていてつくづくイヤな気分になりました。

                  精子だけを入手して妊娠し、子どもは女同士で育てる。
                  となると、精子を提供した男性の存在は何なんでしょうね? 父親とは? 男親とは?

                  産みの母親からすれば、「彼はあくまでも必要不可欠な材料の提供者であり、それだけの存在。私の設定では両親は私とパートナーの二人」ということになるのでしょうが、生まれてくる子どもにとっては、やはり精子提供者である男性が父親でしょう。

                  倫理の体系、ないしは価値や責任の体系が大きく変化する(狂う)ようなことだと思いますよ。レズ・ゲイの子作りは。父親・男親の存在というものが、母親の意思一つで消去・除外されてしまうわけですから。一つの生命が、それも人間が新たに誕生し、長い人生を生きていくというのに。

                  もちろん、「現在の男女間でも、子育てに関わらない男親や、女を妊娠させても逃げてしまう男が現実に存在するじゃないか」という声が上がることでしょう。
                  しかし、同性愛者の子作りを認めてしまえば、これまで事実上存在していたに過ぎないものが(しかも望ましくないものが)法律の裏付けを以て、すなわち公的承認を得た価値観にまで成り上がってしまうのです。


                       +++++

                  「両親は産みの母親とそのパートナー。
                  生物学的な父親は、母親との関係では精子提供の債権債務関係はあるが、子どもとの関係は切断されている。
                  これらの関係性は、すべて母親および彼女の同性パートナー、および精子提供者の自由意思に基づく合意によって形成された、論理構造上瑕疵のないものである」
                  理屈の上ではスッキリしています。
                  でも、これって子どもの心理に暗い影を落としそうなことがらですけどね。
                  (そもそも、こんな契約は法的に有効なのでしょうか?)

                  NHKの瀬古久美子記者もキャスターの和久田麻由子も、この点については何も触れません。
                  仮に同性婚が合法化されレズ・ゲイが子作りできるようになれば、これまでにない種類の悲劇が生み出されると思うのですけどね。

                  でも、活動家やNHKのエリートは、考え方、というよりか感性が違うのでしょうね。
                  はっきり言って、私なんかとは別の種類の存在です。


                       +++++

                  参考までに。

                  石壁に百合の花咲く
                  今週の未紹介LGBTニュース(2018年1月21日)

                  http://www.ishiyuri.com/entry/2018/01/21/news20180121
                  子供というのは別に異性愛者が男女で恋愛したり結婚したりするから生まれてくるわけではなく、卵子と精子が結合すれば(そして受胎し、順調に成長すれば)生まれてくるもの。

                  そりゃそうなんですけど。
                  でも、人間は、単に生物として産まれるだけではなくて過去を背負って生きる存在です。
                  すなわち、私的領域では思い出。家族、父母祖父母、兄弟姉妹。公的領域では、文化、伝統、国家と民族の歴史……。

                  もっとも「現在」しか存在しない人って確かにいますけどね。

                       +++++

                  そもそも、同性カップルの子作りは独身者の子作りと本質的に変わりません。
                  カップルの片方の子供でしかありませんから。
                  だから、同性カップルの子づくりを認めたら、理論的には独身者の子作りを拒否できません。

                  ちなみに、次の画像はゲイの場合の代理母出産を想定して作ったのものです。

                  ゲイと代理母と独身者

                       +++++

                  そもそも同性カップルが子どもを持っても、外形的には母子家庭・父子家庭と似ています。
                  むしろ、事故で連れ合いを失ったような母子家庭・父子家庭よりははるかに恵まれているかもしれません。

                  というわけで、「子作りをした同性カップルが現に存在しているから同性婚を認めるべき」という理屈に説得力はありません。

                       +++++

                  LGBT活動家の方々は「新しい家族」云々を主張する割には、「典型的な男女の婚姻」と同じ扱いを求めます。

                  自分で法律の外で勝手に作り上げた関係性について、法的保障を得たいというのはいかがなものかと思いますよ。

                       +++++

                  それにしても、NHKの報道は一方的でした。
                  取材力や常識力が低下しているから、こんな内容になるのですね。

                  それと、和久田麻由子の顔芸がすごかったですね。アレでますます和久田が嫌いになりました。

                   

                  | 紅而遊戯 | メディア批評 | 08:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
                  浜田のブラックフェイス騒動
                  0


                    日本テレビの番組でお笑い芸人が顔面黒塗りメイクをしたことが波紋を広げました。
                    波は未だおさまりません。


                    WEBRONZA
                    続・浜田雅功「黒塗りメイク」論争を再考する
                    「イエローフェイス」の白人タレントを日本人は笑えるか

                    赤尾千波 富山大学人文学部人文学科教授(アメリカ文学・文化専攻)
                    http://webronza.asahi.com/culture/articles/2018020600003.html?iref=comtop_fbox_u07

                    浜田はあくまでも黒人俳優のエディ・マーフィに扮しただけですけどね。

                    結局、黒人に扮することは問答無用で差別と認定されるということが分かりました。そう。「黒人の某を尊敬して」といった、具体的事情のいかんを問わずに。

                    たとえば渥美清崇拝の白人イギリス人俳優がいたとして、彼が渥美清に扮したら、やはり問題になるのでしょうか?

                         +++++

                    「黒人の扮装=差別・蔑視」なわけです。
                    しかし、白人のマネをするのは問題とされません。
                    「白人の扮装=尊敬・憧憬」。この構図は日本では確固たる地位を築いていますから。
                    だから、津田大介の金髪に誰も文句を言いません。あるいはもっと露骨な宝塚とか。
                    トランプの娘イヴァンカが来日した時のマスコミの狂騒ぶりを思い出しても、「日本人はよほど白人が好きなのだな〜」と感心します。

                    根底にあるのは差別を糾弾する側の心の底に沈殿する「黒人=劣等」という抜きがたい価値観だったわけです。

                         +++++

                    日本在住の黒人作家が浜田の黒塗りに抗議しましたが、これは当然だと思います。
                    黒人たちは実際にエゲツない差別の歴史を生きてきたのですから。

                     

                    | 紅而遊戯 | 社会・政治 | 08:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
                    あなたも英語でブログを
                    0


                      当ブログでは、たまに英語で書いた文章を掲載しています。

                      その理由はというと、「世界の人に私のブログを見て欲しい」のではなくて、「この程度の英語でも文章を書いて発信している人間がいるんだ」ということを日本人に知ってもらいたいからです。

                      辞書を引き引き英文を書いている私よりも、サラサラッと文章を仕上げられる人はいるはずです。
                      そういう人に海外に向けてのブログを是非とも書いていただきたいものです。

                      特に海外在住の人なら、その国のブログを使えるわけですから、その国の言語で情報を発信すれば、注目される確率も当ブログなんかよりも格段に高くなるのではないでしょうか。

                           +++++

                      現在は慰安婦問題に力を入れています。
                      これって、事実関係が案外単純なんですよね。
                      吉田清治という詐話師の作り話に左翼と韓国政府と元慰安婦が乗っかった。それだけの話です。

                      この単純な話が、「1910年に日本が韓国を併合」「1945年に日本は戦争に敗北」「1948年に韓国が独立」「1965の日韓併合条約の時にも慰安婦など問題外」「1983年に吉田清治という男が済州島での朝鮮女性狩りを本にして出版」「1991年に金学順が元慰安婦として登場」みたいな時間軸の中で語られると、ややこしくなってしまうのですね。

                      だからテレビの討論番組では(意図的にか)時間軸を崩したり、無視したりする論客が出てくるのです。戦前の話をしているのに、突然、戦後の「だけど宮沢総理は謝罪したではないか」的な話を持ち出すのです。視聴者は混乱してワケが分からなくなります。

                      この点、ブログだと、邪魔が入らず、しかも画像なども掲載することができるので便利です。
                      というわけで、年表などを使って時間の流れを可視化できないかな、と考えています。
                      これは画像ソフトのPaintgraphic2で作ったものです。
                      (日韓の地図だけは手書きです)


                      日韓年表1910-1991
                       

                       

                      簡単なものなら、Windowsに初めから入っているペイントで制作できると思いますよ。

                           +++++

                      私の英語力なんか本当に貧弱で……。
                      「a」と「the」の使い分けなど、いまだに分かりませんし。

                      その程度の英語力ですから、長い文章は意図的に避けています。

                      基本的に、「A 動詞 B.」みたいに、一つの文章に動詞が一つの英作文を心がけています。

                      ……というわけで、「あなたもできる! 英語でブログ!」

                       

                      | 紅而遊戯 | その他 | 08:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
                          123
                      45678910
                      11121314151617
                      18192021222324
                      25262728   
                      << February 2018 >>
                      + SELECTED ENTRIES
                      + RECENT COMMENTS
                      + CATEGORIES
                      + ARCHIVES
                      + MOBILE
                      qrcode
                      + LINKS
                      + PROFILE